PROFILE

俺

Author:俺
青森県青森市在住。「あなたB型でしょ?」とよく聞かれます。そうですが何か問題でも??

VAPEのブログ
GOING MY VAPE

管理画面

ARCHIVE
SEARCH
COMMENTS+TRACKBACK
Comments<>+-
Trackback <> + -
RSS FEED
TEMPLATES

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

oiraseに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
メールで連絡する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

たらればコンフェデ杯2013 日本 vs スペイン

jap-spa.jpg

準優勝のスペインと日本代表の同じ対戦相手との戦績を比べてみる。

日本 0 - 3 ブラジル
日本 3 - 4 イタリア


スペイン 0 - 3 ブラジル
スペイン 0 - 0 イタリア(PK 7 - 6)


もしグループリーグで日本とスペインが逆だったら、決勝までいけたかも?
こういう大会では組み合わせも重要だね。
ブログ村

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ | TAGS:

イタリア戦で見えたもの - コンフェデ杯2013

・日本代表のモチベーションの高さ
・イタリア代表の疲れ
・チーム同士の相性


これらの要因が重なり善戦する事ができた。
負けたのは監督の采配の差もあったように思う。
イタリアは疲れのせいで動きが悪い選手を早めに3人変えて運動量を補ってきた。
日本は、終盤に酒井宏樹・ハーフナー・憲剛という意図の読めない選手交代。
更に相手を疲れさせるために、運動量やスピードのある乾や、敵も味方も走らせるパスを出せる憲剛を、もう少し早めに出すか、もしくは良い流れを維持するために交代なしでも良かったように思う。

イタリア-メキシコの初戦を見た時に、意外とスペースがあり、ポゼッションも極端ではなく、交互に攻め合える印象を受けたから、ブラジル戦よりは試合になると予想していた。
それにプラスしてイタリア代表は疲労により体が重かったため、序盤から日本ペースで健闘する事ができた。

こういう試合ならこのメンバーこの戦術でいい。

ただし、チームにはそれぞれの特徴がある。
フィジカル重視でガツガツ当たってくるチーム、パス回しでポゼッションを高めて疲労させられるチーム、高さを生かすロングパスを多用してくるチーム、前線からハイプレスしてくるチーム、個人技でしかけてくる選手が多いチーム、これらの特徴を持つチームに対してどのように戦うのか。

それが見えてこない。

ワールドカップなどの短期戦では負けていい試合などない。
もし予選リーグで苦手なタイプの相手ばかりだったらどうするのか。

そう考えた時にやはり選手層が薄い。

いつも同じメンバーでは苦手なタイプの相手の場合、ブラジル戦のようになってしまう。
イタリア相手にはいつものメンバーでいいけれど、「こういう相手には誰々を起用する」というオプションが無い。
また、誰が出ても同じクオリティを維持しなければならない。
そのためには試合で使って意思疎通やコンビネーションを高める必要がある。
メンバーを固定するなら、どんなタイプのチームとやってもクオリティを保てるチームにしないといけない。

日本を変えたザックの言葉、長谷部「監督が熱く語ってくれた」

 明らかな変化があった。消極的なプレーに終始し、日本らしさを発揮することなく90分間を終えた15日のブラジル戦(0-3)から中3日。結果こそ3-4の惜敗でグループリーグ敗退も決まったが、試合内容ではイタリアを上回り、あと一歩のところまで追い詰める日本代表の姿があった。

 高い位置からの積極果敢なプレッシャー、鮮やかなボール回し、リスクを冒してゴールに迫る勇気。日本のサッカーが観る者を魅了し、観衆の心をつかんだ。試合後、スタジアムから起こったのは敗者を称える「日本コール」。マン・オブ・ザ・マッチにもMF香川真司が選ばれた。

 チームにいったい何が起きたのか。試合後のミックスゾーンでMF長谷部誠(ボルフスブルク)が詳細に明かしてくれた。ブラジル戦から2日後の17日。「監督が話したいと言ってきた」と、アルベルト・ザッケローニ監督に呼ばれ、矢野大輔通訳をまじえて“1対1”で話をした。

「監督は、僕たちなら世界のトップ相手にもできるのに『なぜ、やらないのか』と言っていた。監督が(ブラジル戦後に)『失望した』と言っていたのは僕たちに期待しているからで、それをヒシヒシと感じた」。指揮官が伝えたのは「チームとして戦うことの大切さ」、そして「個とチームのバランス」についてだった。

「監督はブラジルのどこが弱いかを分析して、それを練習に落とし込んでいたのに、僕らはそれをピッチ上で全然表現できなかった。個人個人でプレーしていくのか、それともチームとしてやっていくのか。メッシやネイマールのように、一人で3人抜いてゴールを決める効率よりも、組織として連動して崩すことによって世界で勝っていくという監督の確固たる信念があった」

 ザッケローニ監督が例に挙げたのが、2010年の南アフリカW杯で日本が見せたサッカーだった。MF阿部勇樹をアンカーに置いて中盤の守備を固め、1トップにはMF本田圭佑を据えた。自国開催以外で初のベスト16という快挙を成し遂げた一方、守備重視のサッカーは決勝トーナメント1回戦でパラグアイに0-0からのPK戦で敗れた時点で、一つの限界にも達した。

 世界で勝つために、当時のチームでは、あのサッカーが“正解”だった。しかし、日本が目指すべき道ではなかったのも確か。4年後のブラジルW杯では、日本らしいサッカーで、同じような、さらにはそれ以上の結果を残したい。本田はパラグアイ戦後、「内容はともかく勝ちにこだわって、そういうやり方でここまで来た。次は欲を出して、もっと攻めに行く姿勢を世界に見せる番じゃないかなと思っている」と言った。その思いは、岡田武史前監督のあとを引き継いだザッケローニ監督も同じだった。

「2010年のような戦い方をするのも一つの方法だと監督は言っていたけど、監督は『自分たちのサッカーを世界で見せたい、それで世界を驚かせたい、その中で勝ちたい』と言っていた。2010年を否定しているわけではなく、それも一つのやり方だけど、そうじゃない日本のやり方、強みがあると僕に熱く語ってくれた」

 指揮官の思いをチームメイトに伝えなければならない。長谷部はそう思い立ち、翌18日に選手を集めた。イタリア戦前日に行われた選手ミーティング。長谷部はみんなにザッケローニ監督の言葉、思いを伝え、チームの意志統一を図った。

 その結果が、この日のプレーに表れていた。「今日はチームとして連動していたし、守備の部分でも前の4人は特にがんばっていた。前田さん、(本田)圭佑がピルロを抑えようとしっかりとやっていた。そういうのがブラジル戦ではできなかった」。長谷部はそう言って力を込めた。

「監督がやろうとしているサッカーだったと思う」。イタリアと互角以上に渡り合い、あと一歩まで追い詰めた。確かに結果は出なかった。しかし、自分たちが目指すべき道を再確認できたことは、来年の本番を見据えたときに、単なる結果以上に価値のあるものだったかもしれない。「今日の試合は間違いなく日本代表のターニングポイントになると思う」。長谷部の言葉は、いつも以上に力強かった。


いいよいいよ、熱いのはいい事

ザックは 弱者の戦い方 はしたくないって事だね。
今の日本代表にはそれができると。

たしかにコンディションの悪いイタリア相手には、世界トップクラスの試合ができました。
でもブラジル相手には全く通用しませんでした。

これが結果。

負けた事により次戦のメキシコは消化試合。
イタリアよりは個人技で攻めてくるだろうし、長谷部も出場停止で、いつもベンチにいる選手を試すちょうどいいテストマッチになる。
ザック自身は嫌いではないし、意気込みもわかったから、これと東アジア選手権を利用して、もっと万能なチームに仕上げて、強い日本代表を見せてほしい。

20130621zak.jpg
ブログ村

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ | TAGS:

【海外の反応動画】2002日韓ワールドカップ-スペイン人が語るあの日の思い出


【ニコニコ動画】スペイン人が語る2002年あの日の思い出
10年前の2002年スペイン人にとっては屈辱的な年でした。僕は当時、家族で日本旅行へ行っていましたがテレビで試合を見ていて観光気分になれないほど落ち込み、怒りがおさまらなかったことを覚えています。動画サイトのコメントやスペインの掲示板などで気になったコメントをそのまままとめました。差別的な発言も含まれてますがこれがスペイン人僕たちの本音だと思ってください。


お気に入りのスペインさんが動画を上げていたので思い出した。
2002年に開催された日韓共催のFIFAワールドカップ。
絶対、記憶に残しておきたいと思ってたから、今さらなんだけど書く。

■大会呼称問題
FIFA本部で行われた共催検討委員会で、大会の呼称を慣例に従ったアルファベット順で「2002 FIFA World Cup Japan/Korea」とする提案がなされたが、鄭夢準大韓サッカー協会会長が強硬に反対した。最終的に国名表示順を「Korea/Japan」とする一方で決勝戦を日本で行うことで決着とした。
尚、この際、日本側は日本国内で大会名を呼称する時は日本/韓国で構わないとの確約を得ていたが、検討会が非公開だった為に、FIFAに公的な議事録を残すことを求めなかった。これが後に大きな問題になる。その後、5年ほどは何事もなかったが、2001年1月、日本の教科書の検定問題で韓国の対日感情が悪化し、韓国マスコミに追い込まれる形で、鄭大韓サッカー協会会長は「日本国内であっても大会名を「日本・韓国」と表記するのは正式名称(Korea/Japan)と異なっており、開催合意に背く」として抗議した。

■グループリーグ
韓国 2 - 0 ポーランド

ポーランド 眠くて負けた(スポニチ)
ポーランド関係者が韓国戦当日の4日午前3時ごろ、韓国サポーターに睡眠妨害に遭い「韓国がホームアドバンテージを巧みに利用した」と主張した。釜山市内の宿泊ホテル前で韓国サポーター約20人が騒動を起こし、選手の大半が眠りから覚めてしまったという。エンゲル監督も窓を開けて騒ぎを制止しようとしたが、収まらずに警察も出動。さらに「後半はボールボーイがわざとボールを遅く投入したり、韓国は組織的に試合の邪魔をした」とヒートアップする韓国応援団の被害者であると訴えた。


韓国 1 - 1 アメリカ

打倒米国へ韓国サポーター『朝まで生騒ぎ』作戦(サンスポ)
米国代表チーム打倒を目指す恐るべき計画が発覚した。題して、『朝まで生騒ぎ』作戦。試合前日の夜から当日の朝まで、サポーターが米国宿舎前で騒いで、選手を睡眠不足に陥れようというもの。ソルトレークシティー五輪・ショートトラックで発生した米韓の遺恨。五輪のカタキをW杯で…という仁義なき作戦だ。


アンジョンファングループリーグ第2戦、アメリカ-韓国戦で同点ゴールを決めたアン・ジョンファンは、ソルトレークオリンピック・スピードスケートの誤審に抗議する“スケートパフォーマンス”を披露した。


キソンヨン猿
昨年のアジアカップ準決勝での日韓戦でも奇誠庸(キ・ソンヨン)選手が、ゴール後に日本人を侮辱する猿真似パフォーマンスで話題になりましたが、試合に直接関係ないパフォーマンスをするのは伝統なんすかね。
ちなみにパフォーマンスを制止している7番の選手は、最近香川の移籍で話題のマンチェスター・ユナイテッドにJリーグから移籍した韓国サッカー唯一の良心といわれるパク・チソンです。パク・チソンが代表引退してからの韓国代表はパッとしませんね。


ポルトガル 0 - 1 韓国
地球上に敵なしと言われ、銀河系軍団と呼ばれた当時のレアル・マドリードで欧州年間最優秀選手・FIFA最優秀選手を受賞したルイス・フィーゴを中心にテコンドーサッカーに立ち向かうが、たび重なる肘討ちに悶絶。しかし韓国にカードは出ず、不可解な判定でポルトガルは二人退場の末、グループリーグ敗退。


■決勝トーナメント
1回戦 韓国 2 - 1 イタリア

イタリア人記者大激怒「FIFAはこれを許したのか!」
前日練習のため、イタリア代表がスタジアムに入ると、スタンドには「AGAIN 1966」の文字。1966年のワールドカップでイタリアが北朝鮮に破れ、サポーターから腐ったトマトを投げられ侮辱された事件を再現するという意味。

again1966

ようこそ、アズーリの墓へ(Welcome to Azzuri's Tomb)
Azzuriはイタリア代表チームの愛称。

ようこそアズーリの墓へ

延髄斬り

イチョンス選手は、イタリアとの試合で 相手チームのマルディーニの頭を足で蹴った事に対して、「チームが負けている状況であり、チームを逆転させるために行った」と明らかにして多分に故意性があった事を示唆した。


ケツに突き刺さるスパイク

アッズーリ不動の右サイド、ザンブロッタのケツに突き刺さるスパイク
結局ザンブロッタは負傷退場。その後の検査で全治3ヶ月


ココ流血

ユ・サンチョルのエルボーによりフランチェスコ・ココが流血


その後も・・・

ペナルティエリア内でイタリアの司令塔フランチェスコ・トッティが倒され笛が鳴る。
しかし、まさかのトッティ退場

FIFA、韓国vsイタリアの誤審認める。
W杯決勝トーナメント1回戦の韓国vsイタリア戦でビロン・モレノ主審による誤審があったことを認めた。FIFA審判委員会のエドガルド・コデサル氏は問題の試合で後半にフランチェスコ・トッティがシミュレーションで2枚目のイエローカードを受けて退場となったシーンをビデオで確認し、「画面をよく見ればトッティと韓国の選手との接触が会ったことが分かる」と語っている。


デルピエロに肘うち

キム・テヨンによるデルピエロ暴行シーン
ボールに対し後ろから足を出したデルピエロにブチ切れ、仕返し背面エルボーを見舞う。
ここでカードが出るとキムは退場。しかしモレノ主審は両者を握手させただけでキムにはお咎めなし。これじゃ韓国に買収されていると言われてもしょうがない。


そういえば、東日本大震災被災地に2300万円を寄付し、親日家で知られるデルピエロがJリーグに移籍との噂があります。是非きてほしいですね。
デルピエロタイガーデルピエロ藤波



準々決勝 韓国 0 - 0(PK5-3)スペイン

疑惑の判定に憮然…。スペイン、準々決勝で涙の敗退。
(NumberWeb 世界戦記2002サイト)
韓国がアジア勢で初の準決勝進出という歴史をつくった。延長戦を0-0で終えてからのPK戦を制し、優勝候補のスペインを降した。しかし、この試合はスペインにとって、2ゴールを無効にされるという非常に後味の悪いジャッジによって、夢を打ち砕かれたとも言えるものだった。
スタジアムは真っ赤に染まり、韓国は高いモチベーションをもって、イタリア戦に続く勝利を目指した。そして、イタリア戦を再現するかのように、審判は試合をコントロールし、韓国をサポートした。 主審と2人のラインズマンは、1度ならず2度までもスペインのゴールに無効を宣告した。チャンスをつくる度に、ありもしないオフサイドの判定が下る。ネットを揺らしても、存在しない反則で取り消されたのである。
試合終了後、選手たちは泣き崩れた。ある選手は、度重なる理解不能な判定を繰り返した審判に怒りの表情で詰め寄ったが、カマーチョが制した。「このような形で大会を後にするのは、間違っている」と、選手たちはロッカールームで泣き、罵声を上げていた。しかし、韓国の準決勝進出という現実は変わらなかった。



準決勝 韓国 0 - 1 ドイツ

ドイツvs韓国、ナチスの横断幕を撤去(Fuoriclasse)
ソウルのワールドカップ競技場で開催されているW杯準決勝のドイツvs韓国戦で、試合前にスタンドに掲げられたナチスのカギ十字マークの入った横断幕が警備担当者によって撤去されていたことが明らかになった。FIFAはスタジアムでの一切の政治的、民族的、宗教的プロパガンダを禁止している。


ドイツ代表の遺影を掲げる韓国サポーター

クローゼ遺影

カーン遺影

試合中のブーイングはTVでも確認できたと思いますが、ゴールキックだろうと、スローインだろうと、とにかくドイツの選手がボールを 持った瞬間から、スタジアムは一斉にブーイング。 驚いたのは、韓国選手のファールで倒れているドイツ選手に対してもブーイング。 ドイツの選手交代でもブーイング。 タイミングも何もあったもんではありません・・・・。



■当時、韓国に留学していた日本人によるレポート

私は韓国に留学している日本人です。
私は留学前は韓国が好きで、W杯では日本も韓国も応援しようとしていました。
韓国対ポーランド戦は韓国人と一緒に韓国代表を応援していました。韓国が勝ったので、試合後は町がすごく盛り上がっていました。 そんな中で、私は酔っていた韓国人に日本や日本人に対する暴言を吐かれました。すごくショックでした。「今日は韓国が勝ったから日本はだまってろ!」とか、「チョッパリ野郎!」とか……。
それをきっかけに韓国のことを好きだとは言えなくなりました。誤審問題もおかしいと思いましたし、韓国に居るからこそ分かる事が多かったです。特にサポーターはすごかったですね。 私たちが日本戦の応援をしに競技場のTVを見に行ったところ、ほとんどの韓国サポーターは日本の対戦国を応援してました。というか、対戦国を応援するのではなく、日本が負けるのを願っていたという感じでした。そのことや韓国戦のことがあって私たちは精神的に辛くなりました。
他にもたくさんありました。韓国の実態を知らないで韓国を応援し続けてきた日本人がかわいそうだと思いました。
私は今回の共催は失敗だと思います。



■各国サッカー選手・関係者によるコメント

アレッサンドロ・デル・ピエロ(イタリア)
もうこんな国に来る事はないね。

デビッド・ベッカム(イングランド)
韓国とはユニホーム交換をしない。チームメイトにもそのように伝えている。

ジョセップ・グァルディオラ(スペイン、FCバルセロナ監督)
韓国戦で何が起こったかは、観た人全員が知っている。
あのグラウンドで何が起こったかを覚えていてくれると信じているよ。

FCバルセロナ副会長(スペイン)
韓国の国民はスポーツを観戦する態度がなってない。
私の目が黒いうちはバルサが韓国へ来ることは二度とないだろう。

ヨハン・クライフ(オランダ)
W杯の恥さらし国家。韓国は史上最低の開催国として歴史に名を刻むことだろう。

ミシェル・プラティニ(フランス、UEFA会長、FIFA副会長)
不愉快だ。W杯は世界最高の大会のはずだ。世界最高の大会は公正な場で行うのが義務だ。 まして観客の声援を強く受ける開催国はこれに細心の注意を払わなくてはならない。それを怠った韓国には深く失望し憤りすら感じる。

ギュンター・ネッツァー(ドイツ)
米国、ポルトガル、イタリア、スペイン戦で韓国が行ったことはこれまでFIFAが築いてきたフットボール文化を否定し、腐敗を招く行為でしかない。 私は多少混乱が生じたとしても韓国から勝利を剥奪しても良かった様に思う。そうすればこのような過ちは繰り返されなくなるのだから。

ゲーリー・リネカー(イングランド)
一つ確かなのは今回の韓国の勝利に名誉が伴っていないことだ。後年日韓W杯を振り返ったときにトルコやセネガルに米国、スウェーデン、ベルギー、日本の健闘が賞賛されることはあっても韓国が賞賛されることは決してないだろう。

ドラガン・ストイコビッチ(ユーゴスラビア)
韓国が調子に乗るのもここまでだ。

ファビオ・カペッロ(イタリア)
私は世界中のサッカーファンが記録の上では韓国の勝利となったが記憶の上ではイタリアの勝利だと受け止められることを確信している。

ポール・スコールズ(イングランド)
W杯で好成績を挙げることが出来なかったが、それはW杯を開催してはいけない
馬鹿な国での一時的不振に過ぎない。

マイケル・オーウェン(イングランド)
卑劣な手段によって準決勝まで進出した国がW杯の権威まで汚してしまったことを残念に思う。

ラウル・ゴンサレス(スペイン)
何度でも言おう。この試合は我々の勝利だと。

イバン・エルゲラ(スペイン)
この先二度とサッカーが出来なくなってもいい!
だからあいつらを殴らせろ!

パトリック・エムボマ(カメルーン)
試合には満足しています。私は韓国でプレイしたくなかったですから。

ホセ・ペケルマン(アルゼンチン)
希望していた日本でプレイできるからOKだ

ジェリコ・ミリノビッチ(スロベニア)
日本で試合をしたかった…

アレクサンドル・ツクマノフ (ロシア)
私たちは幸運だと思います。 抽選会の前、サポーターのために 日本で試合を行いたいと話していました。

ヴァレリー・カルピン(ロシア)
組み合わせは幸運な組に当たったし、とにかく日本で試合ができるのがうれしい。 どの国も韓国より日本で試合ができることを望んでいたようだ。われわれは決勝までずっと日本で試合できるが、例えばスペインは決勝まで残らないと日本で試合ができないからね

リヴァウド(ブラジル)
韓国でプレーすることは残念だ。

パオロ・マルディーニ(イタリア)
サッカーを侮辱した韓国は天罰が下るだろう。

エマニュエル・アデバヨール(トーゴ)
韓国はW杯に4大会連続で進出している立派なチームだが、われわれに勝つほど強いとは思わない。4年前に韓国が4強入りしたのは審判の助けとホームの利があったからだ。


日韓ワールドカップにおける韓国の悪行は、ネット上でもたくさん見られる。
インターネットでは、捏造や歪曲・誇張して語られる事も重々承知。
承知した上でも、サッカー好きの俺が韓国を好きになるのは到底不可能かな。

2002年ワ-ルドカップの真実
ワールドカップと親日・反日 - きっとトルコが好きになる!
日本は敵・JAPANは友 打倒日本を貫いた韓国サッカー百年恨の秘話
ブログ村

THEME:サッカー | GENRE:スポーツ | TAGS:
PICK UP
NEW ENTRY