PROFILE

俺

Author:俺
青森県青森市在住。「あなたB型でしょ?」とよく聞かれます。そうですが何か問題でも??

VAPEのブログ
GOING MY VAPE

管理画面

ARCHIVE
SEARCH
COMMENTS+TRACKBACK
Comments<>+-
Trackback <> + -
RSS FEED
TEMPLATES

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

oiraseに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
メールで連絡する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

どうしてこうなった!青森県津軽と南部の話

今日は青森県の話。

青森県には津軽vs南部という構図がある。
掲示板などでも同じ青森県なのに罵りあったりしてる。

これでいいのか青森県 津軽VS南部で青森県は真っ二つ!?

なぜかと言うと、津軽と南部は元々が別の藩で、歴史的にも
謀反・暗殺事件・戦争などがあり、昔から対立してきたからである。
方言も津軽弁と南部弁に分かれ、訛りのきつい人同士だと話が通じない。
(特に津軽弁が早口で難解。)

Wikipediaにも専用ページがあるくらいの犬猿の仲
津軽と南部 - Wikipedia
津軽、南部は、津軽地方と南部地方の地域呼称であるが、この記事では主に青森県内で長年続く津軽と南部の対立について取り上げる。

俺は八戸にも親戚がいるし、別に南部が嫌いってわけでは無いけど、
このような文化や歴史的背景を見ると、南部は岩手に組み込まれたほうが幸せだと思うんだよね。

青森県の三大都市と言えば、青森市、八戸市、弘前市。
それぞれ特徴のある都市だから、一概に順位をつける事はできないけど、人口だとこんな感じ。

▼青森県の市郡別人口(平成21年3月末調べ)
青森市306,263津軽地域
津軽氏が治めた弘前藩、今の弘前市を中心とした地域で、他に県庁所在地である青森市(旧東津軽郡青森町)、黒石市・五所川原市・つがる市・平川市・○津軽郡とつく地域。
方言は津軽弁。
どちらかと言うと日本海・秋田側で豪雪地帯。
弘前市184,719
五所川原市61,714
つがる市38,121
黒石市37,864
平川市18,281
○津軽郡133,942
八戸市243,682南部地域
盛岡藩と同じ南部氏領の八戸南部藩、今の八戸市を中心とした地域。三沢市・十和田市・三戸郡あたりもそうなのかな。
方言は南部弁。
どちらかと言うと太平洋・岩手側で雪は少ない。
十和田市66,254
三沢市42,688
三戸郡78,583
むつ市64,535その他の地域
俳優の松山ケンイチ出身のむつ市やマグロで有名な大間がある下北郡、あと上北郡あたりは中立地域かな。
上北郡105,476
下北郡18,842

全国的に見ても日本海側と太平洋側は気候や文化が違うと思うけど、青森県は本州最北なので、西は日本海、東は太平洋、北は陸奥湾・津軽海峡と三方が海に囲まれ、北海道に近い文化も多い。

そして、りんご、ねぶた祭り、豪雪、太宰治、棟方志功、津軽三味線、津軽塗、津軽弁(吉幾三・人間椅子のような訛り)など、他県の人が青森と聞いてイメージするのは、圧倒的に津軽のほうが多い。
これだと青森南部の人は面白くないよね。

津軽と南部については、この坂本サトルさんの記事が非常にわかりやすい。
今は管理されてないサイトっぽいから、保守の意味も込めて全文引用。

三戸郡南部町出身のミュージシャン坂本サトルさんの記事
隔週刊サトル Vol.01「津軽と南部」
上記サイトは閉鎖されたっぽいけど、公式ブログに再掲載されてた。
加筆修正されてるからそっち見たほうがいいかも。
再録&加筆修正「津軽と南部」|坂本サトルオフィシャルブログ

青森県の事を良く知らない人にとってはピンとこない話しかも知れないが、青森県の中には「津軽」と「南部」という2つの文化が存在している。この2つの異なった文化の誕生と対立の歴史は思いのほか古く、そしてかなり複雑である。僕も少しばかり調べてみたのだが、とにかく資料が膨大な上に、津軽、南部、双方で異なった史実が述べられていたりして、短い時間でまとめることは困難であった。
ということで、その2つの文化の歴史が、現在の青森県民生活にいまだに与えている影響や実情を述べる事で、みなさんには何となくそんな青森の人々の心情を知ってもらえればと思う。
読みやすさを優先し、津軽と南部の簡単な歴史、僕が知っている事実、そして実際の体験談、青森での常識、等を箇条書きで以下に記す。歴史家をして「1つの都道府県に複数の文化が混在しているのは珍しいことではないが、青森県ほど極端な例はないだろう」と言わしめる青森。さて、あなたの目にはどう映るだろう。


【歴史】
1,「津軽と南部の文化」とは、言い換えれば「旧津軽藩と旧南部藩の文化」である。

2,おおまかに言って「津軽」は青森市、弘前市を含む西半分、「南部」は八戸市、南部町を含む東半分である。

3,私の故郷「南部町」は、その名の通り、南部藩発祥の地である。

4,よって、私は南部のなかの南部の男である。

5,長く対立姿勢を続けてきた南部藩と津軽藩は戊辰戦争においても、南部藩は幕府軍を津軽藩は新政府軍をそれぞれ支持し、敵対関係となる。
1868年、現在の青森県野辺地町で勃発した野辺地戦争では、津軽軍と南部軍が交戦し津軽軍の兵士27名、南部軍の兵士6名が戦死。
戊辰戦争においては、周知の通り新政府軍が勝利。よって津軽藩は官軍、南部藩は賊軍となった。

6,1871年、廃藩置県。紆余曲折を経て、津軽藩と「南部藩の一部」が青森県となる。

7,県庁所在地選定時にも旧津軽藩サイドは青森市を、旧南部藩サイドは八戸市をプッシュ。結局青森市に決定するのだが、それに納得しなかった南部の人間は、青森県庁に対抗して市役所を「八戸市庁」とする。この「市庁」という言い方をするのは全国で八戸市のみ、と教わっていたのだが、調べてみると奈良県奈良市も「奈良市庁」という言い方をしていた。他にもあるのかも知れないが、どちらにしろその数は少ない。


【事実】
1,僕は、デビューするまで青森市に行った事がほとんどなかった。

2,よって青森の「ねぶた」も弘前の「ねぷた」も一度も見た事がない。

3,うちの実家もそうなのだが、南部で岩手に近い場所に住む人々の中には、アンテナを盛岡(岩手県の県庁所在地)に向けて立て、岩手のテレビ番組も見れるようにしている人が意外に多い。ちなみに岩手の「方言丸出しCM」で使用される方言は「南部弁」である。

4,青森県の2大都市である青森市と八戸市の道路を使った場合のアクセスの悪さは、ある意味異常である。


【言語】
 津軽と南部の最大の違いはこの言語である。イントネーションどころか単語自体が違っている事も多く、それにより様々なドラマが生まれる。ここで紹介するのは、僕や家族の実体験である。

1,それぞれの土地にその土地の方言を使ったローカルCMが存在すると思われるが、もちろん青森にも「方言丸出しタレント」が存在し、そして「方言丸出しCM」が存在する。そしてこの場合、使用されるのはほぼ100%津軽弁である。自分達が普段使っている言葉とは全く違った方言が「青森県の方言CM」として流れていることが、南部弁を話す人々にとってどれほどしっくりこないかを想像して欲しい。

2,僕が大学生の時。体育でバスケットを選択したのだが、教官が各都道府県別に別れてチームを作ろう!と提案。そうして集まった我が青森県チームはメンバー5人中、南部出身者は僕だけであった。
まずは「チーム名を」ということでみんなが知恵を絞る。1人が「ドンズがいいんじゃねえか?」と言うと、残りのみんなが「あっはっは。そりゃあいい!」と盛り上がり、我がチームは「ドンズ」に決定。1人その意味も、なぜみんなが笑ったのかもわからず、あやふやにヘラヘラと笑うだけの私。「ドンズ」が「お尻」あるいは「ビリ」を意味すると知ったのは翌日の事であった。

3,僕の1番下の弟が小学1年生だった頃の実話。この話をする前にまずは予備知識を。
津軽弁の代表的な言い回しに「はんで」というのがある。これは日常よく使われる接続詞で「だから」というような意味をもつ。例えば「これ使うはんで、なげんなよ」は「これは使うから、捨てるなよ」(「なげる」は「捨てる」の意)だし、「したはんで、わ、いげねー」は「そういうわけだから、俺、行けない」となる。で、弟の話。
授業中、津軽出身のその先生はクラスのみんなに「ねんどやるはんで、準備して」と告げた。と、突然立ち上がり、机をくっつけだす子供達。そう、津軽弁をほとんど聞いた事のなかった子供達には先生の言葉がこう聞こえたのだ。「ねんどやる班で、準備して」
先生の指示に従って班ごとに机をくっつけようと動き出す子供達。勝手な行動を取る子供達に驚き「何やってんだ!」と叱る先生。子供達にしてみれば言われた通り動いているのになぜ先生が怒っているのかわからずあっけにとられる。先生も生徒も全員が頭の上にクエスチョンマークである。
1人が「だって先生が『班で』」って言ったでしょ?」と説明をして先生ようやく状況を飲み込む。
後日、生徒からその話を聞いた父兄が「授業ではなるべく津軽弁を使わないで欲しい」と学校に申し出て、職員会議の議題に…。

4,そんな環境で育っていった僕らが東京なんかに行って「青森出身です」と言うと、かなりの確率で言われるセリフ。
「津軽弁話して!」「津軽弁出ないですね」(「青森弁話して!」ともよく言われるが、この場合、その人がイメージしているのはほとんどの場合津軽弁である)
「いや、僕が住んでたとこって津軽弁じゃないんですよ」と言うと「またまた、恥ずかしがっちゃって」…。
もうね、心の中でそいつにゲンコツ食らわしてます。

とにかく、県内で、県外で、「青森県=津軽」という図式に出くわすたびに違和感や浮遊感や、やるせなさを感じてしまう南部の人々。さらに全国的に「南部鉄器」「南部せんべい」で知られる南部というのは岩手県のことだし。ああ、なんというモラトリアムな存在。「青森南部」よ。

他にももちろん、細かい事はたくさんあるのだが、津軽と南部の歴史と現状、なんとなくわかってもらえたのではないか。

何度も何度も「こんなもんは所詮過去の事」と切り捨てようとするのだが、その度に、その確執の根深さを目の当たりにする事があって、僕はその度にカウンターパンチを食らってしまうのである。
実はつい最近もビシッと、割とキツめのやつを一発お見舞いされてしまった。

津軽地域にあるショッピングストアでイベントライブをやった時の事。
客入りは上々、ライブ自体も非常に盛り上がって、僕は良い気分で控え室に戻って来た。と、そこであるスタッフがこんな話をしてくれた。
実は僕を呼ぼうとしたのはこれが2度目のことだったと。1度目に呼ぼうとした時に、当時の店長のこのひと言で僕のライブは却下されたのだという。
「南部出身のやつにはうちの店ではやらせない」
当然、この店長は津軽の人であった。店長が替わり、ようやく今回のライブが実現したというわけだ。

「いつまでも昔の事を」とはもちろん僕も思う。しかし、134年前の戦争はある人々にとっては「たった134年前のこと」なのかも知れない。
誰かが歌っていた。(俺だ)
「癒すのは時の流れだけとわかってはいるけれど、いつまで待てばいい。こんな気持ちで待てばいい」

歴史というのは教科書に書いてある「テストのために覚えなければならない項目」ではない。僕らはその歴史の上に今の生活を営んでいるのだ。
なんてことをあらためて思う今日の私。
高校生の頃にこれに気付いてたら歴史の成績はもっと良かったのになー。



青森ねぶた殺人事件
青森一の不良娘が銀座の夜にはぐくんだ魔法の話術


後日追記:
「市庁」というキーワードでGoogle検索すると、1ページ目には八戸市庁と韓国の市庁駅しか出てこない。あとは、横浜市や奈良市も市庁を名乗ってるとの情報があったので検索してみた。

「八戸市庁」 約 3,330,000 件
「八戸市役所」約 1,180,000 件

「横浜市庁」 約 581,000 件
「横浜市役所」約 37,600,000 件

「奈良市庁」 約 126,000 件
「奈良市役所」約 9,520,000 件

他は圧倒的に市庁より市役所が多いのに対し、八戸だけが逆転している事がわかる。
他にも市庁の看板を掲げるところがいくつかあるけど、八戸市以外で市庁という単語が見られるケースは、行政機関としての市役所は市役所で、市役所の建物を「市庁(舎)」と呼ぶケースが多い。
しかし、八戸だけは行政機関としての市役所も「市庁」として明確に扱っている事が多い。
他の市の「市庁」とは言葉の意味合いも重みも違うように感じられる。
青森県庁に対抗する意識が今でも残っているのかは疑問だけど、何らかの意図が無ければこのようにはならなかっただろうね。


2014/10/23追記:
秘密のケンミンshow でも取り上げられてた。
ちょっと前に月曜から夜ふかしでもやってたかも?


ブログ村

THEME:青森のあれこれ | GENRE:地域情報 | TAGS:

秘密のケンミンSHOWで紹介された青森について

カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW

この時間は他のチャンネルも見たいから俺的激戦区なんだけど、
文化の違いとか面白いからよく見てる。

みんなもわかってると思うけど、この番組はとても大げさである。
県民全員に当てはまらない事も多いので、クレームが多かったのだろう。
いつの間にか「○○地域の○○県民は~」と変更されていた。
ばあさんと一緒に住んでたりすると若くても知ってたりするけど、世代によって当てはまらない事もあるね。
あとは、他県で紹介された物も「うちでもこれやるよー」というのも多い。
山形だったかで紹介された食用菊とか、うちのしんだばあさんもよく食ってたし、俺も好きだった。

この番組で取り上げられた「青森」を思いつく限り、青森市生まれ青森市育ちの俺が評価してみる。
昨日の放送でも言ってたけど、青森県は津軽と南部で歴史も文化も方言も全く違う。
津軽と南部について書くと長くなるので、それはまた後日書く事にする。

(後日書いた → どうしてこうなった!青森県津軽と南部の話
2014/10/23追記:秘密のケンミンSHOWでも遂に津軽と南部 (津軽弁と南部弁)についてやってた。

まずは昨日放送された

法界折(ほうかいおり)
納得度:★★★☆☆
あまり気にしたことが無い。
たしかに色々な物をお供えする。その中に折詰弁当もあったと思う。
法界折という名前は初めて聞いた。でも、これって青森だけなのか?
ゲストの田中義剛がこれは津軽地方の習慣なので南部出身の自分は知らないと言っていた。
正直で宜しい。
他にも酒をお墓にかけたり、線香と一緒にたばこを差したりする。
お供えしたお菓子とかを持って帰らない場合は、勝手にもらって食べてもいいという習慣があって、子供の頃は、墓荒らし?をよくしたもんだ。
そういえば、お墓の近くに立ってる小さい木の札の真ん中の先端をもぎ取って財布に入れておくといいとかいうのもあった。(調べてみたら七本塔婆というモノらしい)
問答無用にいろんなお墓のやつをもぎとってたけど、今考えたらバチあたりなんじゃ…。



おでんに生姜味噌
納得度:★★★★★
昔はこれが一般的だと思ってた。
今は普通に辛子でも食べるけど、味噌おでんも根強い人気。



みんながほたての殻剥き名人
納得度:★★★☆☆
ほたて養殖・消費ともに多いから、他県に比べるとそうかも知れない。
剥いた事はあるけど、我が家はそれほどでも無かったな。



茶碗蒸しに栗の甘露煮
納得度:★★★★★
昔はこれが一般的だと思ってた。
今でも栗が無いと物足りない。
銀杏が一般的なのかな?



花見でトゲクリガニとシャコを食べる
納得度:★★★☆☆
合浦公園という花見で賑わう公園があって、子供の頃酔っぱらったおっちゃんから毛ガニをもらった記憶がある。
絶対というわけではないけど、たしかに毛ガニとシャコ(ガサエビ)は定番かも知れない。



上北農産加工のスタミナ源たれ
納得度:★★★★★
これはどこの家庭にもあるかなりメジャーな商品。
なんでも県内シェア70%だとか。
県外に住む県出身者は取り寄せて使ってるらしい。
そういえば元大関の貴ノ浪も昔テレビで取り寄せてるって言ってた。
他の焼肉のタレも使うけど、これは焼肉以外にもいろいろな料理に使える。
今はラインナップも増えてるね。
定番はもちろん、辛いのや塩ダレもおいしい。





いか寿し
納得度:★★☆☆☆
あまり食べた記憶がないけど、その辺で売ってそうではある。
そんなに珍しいものだろうか?
下北名産らしいから松山ケンイチ君は詳しいと思われる。



干しダラに溶き卵を漬けて食べる
納得度:☆☆☆☆
聞いた事も見た事も無い。
どうやら年配の方は知ってるらしいけど、今ではかなりマイナーなのかな。



白いこんにゃく
納得度:★★★★
これって青森だけなのか!と思った。
普通のグレーっぽいこんにゃくもあるけど、白のイメージが強い。



いちご煮
納得度:★★☆☆☆
名前にインパクトがあるから知ってはいるけど、普段は食べない。
お土産でもらった物を一回くらいは食べたことあるかな。
南部地方の名産らしい。





バナナの消費量日本一
納得度:★★☆☆☆
たしかにバナナはよく店頭でみかけるけど、日本一と言われるとビックリ。
なぜなのか全くわからない。



稲荷寿司がピンクでかわいい
納得度:★★★★
結構普通にある。甘くておいしい。
酢飯を紅生姜でピンクにしてるらしい。
白いのも売ってる。正直どっちでも特に違和感なく食べてる。
包んでる油揚げ自体も甘いんだけど、これも青森だけ?



いくらよりすじこ
納得度:★★★★★
過去記事 あっつままさすずこ で書いたように家庭やおにぎりの具材としてよく食べる。
いくら丼のように筋子丼として食べるイメージはない。
いくらは寿司で食べるけど、筋子寿司は見た事がない。
もっと身近なご飯のお供。



南部地方ではせんべいを天ぷらにする
納得度:☆☆☆☆☆
知らん。
B級グルメの大会「B-1グランプリ」で有名な南部名産のせんべい汁も食べた事が無い。



味噌カレー牛乳ラーメン
納得度:★★☆☆☆
青森市内にあるラーメン屋で昔からやってた。
トッピングでいろいろ追加できる店はたくさんあると思うけど、この店でこの組み合わせがたまたま人気でメジャーになっただけ。
味噌ラーメン・カレーラーメン・牛乳ラーメン、どこにでもありそうな気がするけど、どうなんだろう。
3つ組み合わせたのが凄いのか?味も予想できるべ?
最近になってミルクシーフードヌードルとかミルクカレーヌードルとか発売されてるけど、俺は昔から牛乳入れたり卵入れたりしてるぞ?
自分で牛乳入れたほうが、売ってるミルクシリーズより絶対おいしい。
味噌カレー牛乳ラーメンはそんなに好みじゃないから、しばらく行ってないけど、納豆とかもトッピングにあったと思う。
あとは定番のコーン・バター・わかめとか。
いまいち名産と言われてもピンとこない。
ちなみに青森県はカレールーの消費量日本一。





バナナサイダー
納得度:★★☆☆☆
これも南部かな。
地サイダーブームで知ったけど、普段は身近に無いし馴染みが薄い。



黒石つゆ焼きそば
納得度:★★☆☆☆
数年前から耳にするようになったけど、黒石の人は馴染み深いのかな?
食べた人の話を聞く限りでは、それほどおいしい物ではないらしい。

青森市出身の新山千春さんが上京して焼きそばを注文した時に汁がかかっていないのを見てビックリしたというエピソードを語っていた。
これは嘘だと思う。
俺もここ数年のB級グルメブームで知ったし、彼女が上京した頃はつゆ焼きそばは青森市民には浸透してなかったはず。仮に存在くらいは知っていたとしても、青森に来てぎゃふんとなったこと で書いたように焼きそば専門店が多い青森市に住む青森市民にとって、他県と同じく普通の汁なし焼きそばがメジャーで、つゆ焼きそばがマイナーなのは明らか。芸能人って大変だなと思った。

つゆ焼きそばは家庭でも食べるのか、それとも有名なお店があってよく食べに行くのか。
何十年も前から黒石ではメジャーなのか、それとも最近なのか、黒石の人いたらコメントください。







最近あまり見てないけど、見たら適当に追記してます。



シジミの味噌汁にジャガイモ
納得度:☆☆☆☆
これも味噌カレー牛乳ラーメンと同じ感想。
シジミの味噌汁が珍しいのか、ジャガイモの味噌汁が珍しいのか、味噌汁に2種類以上の具を入れるのが珍しいのか、それともこの組み合わせだけが驚くほど珍しいのか。
一般的に味噌汁に入れる具は、どの組み合わせでも違和感無いと思うんだけどな。



ウニ丼が卵とじ
納得度:☆☆☆☆
八戸周辺では、蒸しウニなどの加工されたウニを卵でとじた丼を「ウニ丼」という。
一般的な生ウニのウニ丼は「生ウニ丼」というらしい。
これも初耳だった。
青森市内だと他県と同じく生ウニの丼がウニ丼。
卵でとじる料理も珍しくはないと思うけど一般的ではない。

アメリカ・ロサンゼルス在住の芸能人・森尾由美さんがわざわざ日本から取り寄せているとテレビで紹介していた・アルコールなどの保存料を一切使用していない青森県佐井村産の瓶詰めウニ




お腹がニヤニヤする
納得度:★★☆☆☆
お腹の調子が悪い時に使う。
誰かがそう言ってるのを聞いた事はあるけど、それほど頻繁ではないし、一般的な津軽弁ではないと思ってた。もっとローカルか、家庭によって使う家があったりするのかなという程度の印象で、俺自身は使った事がない。
どれくらい一般的なんだろう。もしかしたら俺が無知なだけかも。
あと、悪寒がする時に「うじゃうじゃ」、喉が痛い時に「ヘラヘラ」と言うらしいんだけど、これは両方使った事も聞いた事もない。
悪寒がする時にじゃわめぐなら使う。
つか、ネタ不足なのかも知れないけど、方言を取り上げたらキリなくね?



イカメンチ
納得度:★★★☆☆
津軽弁だとイガメンチ
昔から食べてたけど、これがイカメンチという名前で、津軽地方特有の物だと知ったのは結構最近。
弘前方面で熱いのかな。
というか、イカのハンバーグ的な物って他県に無いの?





これら以外の青森の味と言えば






いもくじ・大王くじ・あん玉
津軽名物いもくじ・大王くじ・あん玉・糸引
金魚ねぶた工作キットの通販なら「青森のだがし屋さん」
ブログ村

THEME:青森のあれこれ | GENRE:地域情報 | TAGS:
PICK UP
NEW ENTRY