PROFILE

俺

Author:俺
青森県青森市在住。「あなたB型でしょ?」とよく聞かれます。そうですが何か問題でも??

VAPEのブログ
GOING MY VAPE

管理画面

ARCHIVE
SEARCH
COMMENTS+TRACKBACK
Comments<>+-
Trackback <> + -
RSS FEED
TEMPLATES

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

oiraseに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
メールで連絡する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ごめんなさい。

俺は森友嵐士や河村隆一のような歌い方、そしてナルシストっぽいキャラがあまり好きじゃない。



相変わらずの癖の強さ、しかも声が出てない。正直ひどいと思った。


昨日、『奇跡体験!アンビリバボー』を見て、森友さんが病気で声が出なくなっていた事を初めて知った。

「そうだったのか…」 すぐに国歌斉唱の事を思い出した。


森友嵐士「抱きしめていたい」サプライズドキュメンタリーPV完成!

 この「抱きしめていたい」プロモーション・ビデオは、本人には内緒で、企画・監修をつとめた小山薫堂自らが仕掛け人となり撮影(森友は、小山薫堂主催の<東京ショートフィルム・フェスティバル>というダミー試写会に参加するという名目で撮影場所へ)。

 サプライズとして、復活を心から祝福するファン、支え続けた地元の仲間、亀田家などの友人一同が集まり、復活を祝福するサプライズのパーティーを開催、メッセージがスクリーンで流れたあと、「抱きしめていたい」を会場全員で大合唱! その声に押され森友嵐士はステージへ……。当日の様子が感動のドキュメンタリーとなっておさめられているこのPV、必見です!




感動した。
何も知らずに馬鹿にしていた自分を恥じた。
これからは応援したいと思った。


T-BOLAN森友嵐士の国歌斉唱が凄すぎる件
まったくもってテレビ観ないので出遅れてしまったのですが、亀田興毅のタイトルマッチでの国歌斉唱が凄すぎだったようですね。早速YouTubeにアップされてました。かなりヤバいw つか音痴?w ...

復活!元T-BOLAN森友嵐士 歌声を失っていた過去
1999年に解散したバンドT-BOLANのボーカル森友嵐士(44)が10/1放送の「中居正広の金スマ」で復活し解散の裏事情を語った。 ...


ブログ村

THEME:今日の1曲 | GENRE:音楽 | TAGS:

ハイキッ ハイキッ

歴史物やノンフィクション、ドキュメンタリーは好きだけど、ドラマはほとんど見ない。
なんというか偶然が多すぎるんだよね。全くリアリティに欠ける。
そうしないと面白くないんだろうけど。

しかし、彼女は俺と全く逆でドラマ大好き。
一緒に暮らしてるもんだから、もちろんチャンネル争いが起きる。
厳密に言うと「起きてた」か。
今はそんな事で毎日喧嘩するのもくだらないから、普段のチャンネル権は放棄した。
どうしても見たいサッカー日本代表の試合とか格闘技とかの時だけ主張してる。

お笑いやバラエティ番組はお互い好きだから問題ないけど、
それ以外は興味のないドラマが流れてる事が多い。
そんな時、俺はパソコンに向かったり別の事をしてるんだけど、
暇な時は

「今、あいつ助けに来るぞ」
「ほら、キターwww」
「犯人こいつだよ」
「な?やっぱこいつだったべ」

ドラマなんてくだらねぇという意味を込めて、精一杯のちゃちゃを入れる。
我ながらうざい。

海外ドラマも好きみたいでよく流れてるけど、テーマソングが秀逸だね。
他の事をしていても、流れてる曲はどうしても耳に入ってくる。
毎週聴かされると、なんかの拍子に不意に口ずさんでしまってる俺がいる。

...悔しい。

ハイキッ ハイキッ

最近は、これが耳から離れない。
どうやら「思いっきりハイキック!」という韓国ドラマのテーマソングらしい。
アフロ時代の石立鉄男と大泉洋を足して2で割ったような奴が、画面に映ってたのはチラっと見た。
日常ドラマは臭くて嫌いだけど、作り物として割り切って楽しめるから、コメディはいいね。

ブログ村

THEME:雑記 | GENRE:日記 | TAGS:
PICK UP
NEW ENTRY