PROFILE

俺

Author:俺
青森県青森市在住。「あなたB型でしょ?」とよく聞かれます。そうですが何か問題でも??

VAPEのブログ
GOING MY VAPE

管理画面

ARCHIVE
SEARCH
COMMENTS+TRACKBACK
Comments<>+-
Trackback <> + -
RSS FEED
TEMPLATES

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

oiraseに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
メールで連絡する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

日本人はサッカーに適したフィジカルを持っている

20161003genki.jpg

久しぶりにサッカーの記事をひとつ。

最近は海外組が怪我やチーム事情で試合に出られない選手が多くて面白くないね。
好調なのは日本選手の中ではフィジカルが強めな大迫と原口くらいかな。

海外組の試合はチェックするようにしてるけど、深夜だったり時間が重なる事も多くて全部は観られない。そんな時は見てて面白い選手の試合を優先する。

原口は海外移籍してからどんどん成長していて、結果が出ていない時でも攻守に一生懸命ハードワークしてチーム内で徐々に存在感を増し、出場機会が増えると共に俺も優先的に観る機会が多くなっていった。ハリルホジッチには気に入られてるのか、代表にも呼ばれる事が多くなり、努力が報われたようで嬉しく思う。

大迫はここ数試合で評価が急上昇してるけど、ちんたら歩いてる場面も多くて走行距離も少ない。チーム内での役割は違うかもしれないけど、前線からハードにプレスできる岡崎や原口に比べたら俺的には見劣りする。でも、それ以上に調子が上がってない選手がたくさんいるから、彼らの代わりに代表に呼ばれる価値はあると思う。

話しは変わって、結構前の記事だけど、日本人選手のフィジカルについて興味深い内容だったので貼っておく。

元フィジカルコーチが語る日本代表。驚いたのは乾、武藤、そしてヤット!?

「日本人はサッカーに適した、アスリート向きの人種です」

 そう断言するスペイン人がいる。

 ハビエル・アギーレが日本代表監督を務めていた頃、フィジカルコーチとして日本代表に帯同したフアン・イリバレンだ。

 2014年夏、日本に渡った彼は選手を近くで見て、触れ、言葉を交わし、あらゆる種類の測定を行った。彼はまず、日本人のフィジカル、その特性を見出そうとした。

遺伝的に突出した爆発的なスピードと持久力。

 そこでイリバレンを驚かせたのは、ふたつの数値だった。

「スピードと持久力です。ヨーロッパ人と比較すると、日本人はこの数値が非常に高かった。爆発的なスピードを持っていながら、同時に持久力もある。どちらかで高い数値を持つ選手は多くいますが、高いレベルでこれを併せ持つ選手は限られます。後半など、疲労時のパフォーマンス発揮も素晴らしかった。

 これらの特性は遺伝的なもので、欧米人にはないものです。分かりやすい例は長友佑都です。スピードも持久力も一級品で、他にもこの資質を持った多くの選手がいました。

 一方で、ドイツ人やイングランド人など、アングロ・サクソン系の人種と比較した場合、筋量や骨格、サイズの面で差があります。私とアギーレはその差を日本人の特性で埋めようとした。スピードやアジリティ、持久力を生かしたサッカーです」

 アギーレはパス意識が強かった日本に、スピードと縦の意識を植え付けようと取り組んだ。イリバレンが見つけた、これらの特性を生かそうとしたのだ。

イリバレンを驚かせた乾貴士と武藤嘉紀。

 彼はフィジカル面で特に驚いた選手としてふたりの名を挙げた。

「乾貴士と武藤嘉紀です。乾はフランクフルトにまで見に行きましたが、あの俊敏性とスピード、ドリブルのキレには驚きました。一瞬の加速で切れ込んでシュートに持っていく、特異な才を持っています。エイバルでの活躍でスペインでの評価も上がっていますし、今後、リーガと日本代表でさらにステップアップできると思っています。

 武藤に関しては、あれ程のフィジカルを持つ選手がJリーグではなく、大学にいたことにも驚かされました。強さもあり、スピードもある。代表にデビューさせることを、アギーレは全く迷いませんでした。初めてプレーを見たとき、アギーレと『これはすぐに欧州で活躍するな』と話したことを思い出します。これからも間違いなく伸びる素材です」

「遠藤とは10年前に知り合いたかった」

 イリバレンと話す中で、意外な名前があがった。

 遠藤保仁。

 フィジカルというテーマにおいて、まず出てきそうにない選手である。

「ヤット・エンドー。彼はすでに34歳になっていました。当時代表に呼んでいた若手たちのようなフィジカルもインテンシティもありません。

 しかし彼は、独特のリズムをもたらすことで、そのマイナスを補っていた。彼がいるかいないかで全てが変わった。走りまわることはありません。けれど彼はその頭脳で走っていたんです。

 彼とは10年前に知り合いたかったですね、本当に。欧州で素晴らしいキャリアを歩めたと思います。『なぜ欧州にいかなかったのか』と、実際に彼に聞いたものです」

 遠藤のようなベテランが高いレベルで長くプレーできる秘訣は、日本人のフィジカル面のケアにもあると彼はいう。日本代表合宿中、彼が目をつけたのは、選手のフィジカルと向き合う姿勢だった。

 欧州では、練習後や試合後にストレッチや交代浴をしてケアをする選手は少ない。イリバレンの目に、日本人の肉体に対する高い意識は新鮮だった。

素材も、施設も問題ない。足りないものは?

「日本の教育、そして生真面目さが出ていると感じました。これほどフィジカルについて考える選手は、欧州にはあまり多くありません。

 そして日本にはトップレベルの設備もあります。我々もお世話になったJISS(国立スポーツ科学センター)は設備、人材の両面で、世界でもトップレベルです。欧州や米国の施設も見てきましたが、フィジカルをサポートする点でも最先端と言えます」

 フィジカル向上の重要性については、霜田正浩技術委員長や長友が、日本サッカーが強くなるための鍵だと指摘している。イリバレンは日本人のフィジカル、その素材に関しては問題はないという。施設もサポートも最先端だ。彼が唯一足りないと感じたのは、Jリーグにおける激しさや厳しさだった。

「世界中に“日本サッカーは急成長している”という、何年も前から言われている共通見解があります。しかし、日本はワールドカップでなかなか先に進めない。これはなぜなのか。少なくともフィジカル面では、日本人はアスリートに向いています。スピードと持久力という明らかな特長があり、日本人特有の真面目さや規律もあります。素材には何も問題はない。これが私の出した結論です。

 世界のトップ10に入るには、さらに多くの選手が欧州でプレーすること。これしかありません。すでに代表の大半は欧州にいますが、もっと出ていくべきです。視察で多くのJリーグの試合を見ましたが、時にショーやお祭りを見るような空気がスタジアムに流れていて、違和感を感じたことがあります。サッカーに対する捉え方の違いですね。よく言えば相手へのリスペクト、悪く言えば甘い。その空気はピッチ上の選手に伝わるんです。欧州や南米には、競争と激しさ、喜びに怒りがあります。死ぬ気で相手がぶつかってくる環境でプレーすること。それは単なるフィジカルの数値を超えたところで、さらなる一歩を加えてくれるはずです」


関連記事:
宇佐美貴史が使われない理由 - ロンドン五輪サッカー日本代表
世界に比べ、日本サッカーはシュート力が足りない
サッカー日本代表と他国選手の身長比較
日本人サッカー選手はエジルを手本にしよう
ブログ村

THEME:サッカー | GENRE:スポーツ | TAGS:

日本人サッカー選手はエジルを手本にしよう

メスト・エジル
市場価値は約53億円。
ちなみに日本人選手の最高価値は香川真司で約23億円。

パスやドリブルなどテクニックに優れ、アシストを量産する攻撃的MF。
ゴールよりもアシストが大好きな日本人に好まれるタイプ。
レアル・マドリードでもドイツ代表でもトップ下で司令塔。
たまに起用されるサイドでも十分な仕事をする。
日本の攻撃陣がお手本としなければならないような選手。
個人的には清武にエジルになってほしい。



先日、レアル・マドリードからアーセナルに移籍し、現在プレミアリーグ、CL共に首位。
アーセナルのベンゲル監督は「スーパー・クオリティ」と絶賛。

一方のレアル・マドリードはあまり調子が上がらず、エジルに関してメンバーはこんなコメントをしている。
クリスティアーノ・ロナウド「エジル退団は最悪のニュース」
サミ・ケディラ「どんなチームもエジルが去れば弱体化する」

そんな世界トップレベルの選手でもフィジカルの重要性を感じて肉体改造をしている。

3年前
ozil-before.jpg
現在
ozil-after.jpg


左の画像の頃にレアル・マドリードに移籍。
それくらいの才能があっても更にステップアップするためにフィジカルを強化したんだと思う。
フィジカルを向上させるとアジリティ(俊敏性・機敏性・巧緻性)が落ちるという人がいるけど、エジルを見てもそう思うのかな?
やはり日本人選手は世界で戦う準備ができていないように思う。

香川の“マッチョ化”を代表イレブンが不安視

 マンチェスター・ユナイテッドで苦悩する日本代表10番のFW香川真司(24)の“マッチョ化”がイレブン間で大きな話題になっている。

 昨オフにマンUのプレシーズン戦を日本国内で行った際、香川は「トレーニングは自分なりに考えてしっかりやっている」と話したように“肉体改造”のためウエートトレーニングを重点的に実施。今季からマンUの新指揮官となったデービッド・モイズ監督(50)がフィジカル面を重視する傾向があり、香川も弱点克服に取り組んだようだ。

 香川は、チームメートから強化されたフィジカルについて指摘を受けても曖昧な返答を繰り返しているという。「あまり体重のことに触れたがらなかった。『スピードが落ちる』とか、いろいろ言われるのが嫌なんじゃないかな」

 元日本代表MFで10番を背負った中村俊輔(35=横浜M)も「試合に出ていないと、筋トレとか多くするヤツがいるけど、そうすると(バランスが)崩れてくる。そこが難しい」と指摘。周囲も香川の特徴でもある動きだしや体のキレなど、持ち味の俊敏性に影響が出ることを不安視している。

 もちろん香川ほどの選手になれば、弊害も念頭に置き、綿密な練習プランを立てているのは間違いなく、現時点までに大きな影響は出ていない。さらなる進化を目指した香川は、真価を発揮できるか。


たしかに中村俊輔の言うようにバランスを崩す選手もいると思う。
でも、世界レベルで戦うために日本人選手のフィジカルが足りない事は周知の事実。
エジルのように総合的に能力がアップする選手もいる。

やってもダメ、やらなくてもダメなら
やったほうがいいっしょ。


最近の香川は以前に比べ、ユニフォームの上からでも逞しくなってるのがわかる。
代表戦で調子が悪いのはクラブでの出場機会が少ない事が原因であって、フィジカル強化が主な原因ではない。
マンUクラスのチームのフィジカルトレーナーがそんな下手な事をするわけがない。
外野の声や試合に出られない焦りのせいで考え込む時間が増えると、メンタルが崩壊し更に自信を喪失する可能性もあり、香川はそういうタイプに見える。
試合感は試合に出続ければすぐ戻るから、今の期間を無駄にせず、今後の事も考えて世界で戦える体を作ってほしい。

kagawa-kakitani.jpg

香川に限らず、柿谷とかこれから世界の舞台に出て行く選手ももっとフィジカルを強化してほしいね。
海外では日本人と同じような身長体重の選手でも強烈なシュートを撃つから。

テクニックはあるが、「サッカー」が下手な日本人

追記:
フッキやベイルの例もあるね。
ここまで強化しなくてもいいと思うけど、クリスティアーノ・ロナウドとかもすごい体してるし、世界のトップで活躍するためにフィジカルは重要。

コンサドーレ札幌時代
hukki-before.jpg
現在
hukki-after.jpg


トッテナム時代
現在


リスボン時代
cri-before.jpg
現在
cri-after.jpg


ブログ村

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ | TAGS:

俺が最も期待している男 清武弘嗣

清武のブンデスリーガ初ゴール(0:41あたりから)


これを見た時に中田英寿っぽいなと思った。
俺が中田英寿というサッカー選手を思い出す時に出てくるイメージは、ディフェンダーにタックルされて転びそうになりながらも、手をバタバタさせてバランスを保ち、そのままドリブルを続けるシーン。
普通の選手なら倒れてるけど、フィジカルとボディバランスと体の使い方がうまいから倒れない。



今、海外でプレイしてる日本人プレイヤーにこんな強い選手はいない。
当時は今ほど海外サッカーが放送されてなかったから、全盛期のヒデを今のブンデスやセリエAで見たかった。

歴代日本サッカー選手の中で一番の選手は中田英寿。

好きか嫌いかは別として、俺はそう思っている。
サッカーでは、パスやドリブルやシュートなどいろいろな要素があり、過去にも今現在もヘディングがうまかったり、視野が広かったり、ドリブルがうまかったり、フリーキックがうまかったり、ボールキープできたりと、いろいろな面で飛びぬけた能力を持った選手はいるけど、中田英寿はそれら全てを合わせた総合力が高く、よくある多角形のグラフで表すと円に近いマルチな選手。
そして、現役選手の中でそういうタイプになれそうな気配を感じるのが 清武弘嗣。

中田英寿 清武弘嗣 筋肉

能力(10点満点)中田清武
スピード87
ドリブル97
フィジカル95
ボディバランス97
視野88
視線の使い方99
パス精度99
クロス79
プレースキック79
ヘディング88
強いシュート86
ボレーシュート97
コントロールシュート78
トラップ77

こんな感じかなぁ。

例えばフィジカルだけなら長友や本田のほうがヒデに近いかも知れない。
でも総合的に見た時に、俺は清武に一番可能性を感じてる。

あと、アウトサイドキックは清武の方がうまい。これは香川もうまい。
ノールックパスはどっちもうまい。実はヘディングも両者ともうまい。

最近、ニュルンベルクも縦ポンサッカーから清武中心のパスサッカーに変わってきた。
清武にボールを集め、それが攻撃のスイッチになり、周りが連動して走る。
まさにドルトムント時代の香川。

この調子、もしくは今以上に頑張って活躍してほしい。
ブログ村

THEME:サッカー | GENRE:スポーツ | TAGS:
PICK UP
NEW ENTRY