PROFILE

俺

Author:俺
青森県青森市在住。「あなたB型でしょ?」とよく聞かれます。そうですが何か問題でも??

VAPEのブログ
GOING MY VAPE

管理画面

ARCHIVE
SEARCH
COMMENTS+TRACKBACK
Comments<>+-
Trackback <> + -
RSS FEED
TEMPLATES

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

oiraseに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
メールで連絡する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

テレビ報道だけでは伝わらない事件の裏側

テレビってのは、時間の制約・内容の優先順位・外部からの圧力等によって、うわべしか伝わらない事が多い。
その点、ネットだと制約が少ないから、事件の細部や裏側を知る事ができる。

最近気になるニュースが多すぎて、詳しく書くと長くなってしまうので、簡単にピックアップしてみる。
本当なのか噂なのかはわからない。興味がある人はネットで調べてみてほしい。

神戸殺傷 22歳男殺人容疑逮捕 「妹連れ回され腹立った」
この報道だけ見ると、妹思いのお兄ちゃんがやりすぎちゃったと受け取れるが、ネットの書き込みでは…
・この一家は在日中国人で反日感情が強く、兄はそっち系のチャイニーズマフィアや暴走族と親密
・実は妹がふられた腹いせにやらせた
・被害者は20人ほどの集団に顔が原型をとどめないほど殴られ蹴られ、目に釘をさされていたらしい

なにこれこわい。

【弁護士刺殺】逮捕の男、離婚問題の弁護でトラブルか
弁護士の津谷さん宅に拳銃のような物を持った暴漢が侵入
 ↓
津谷さんと暴漢がもみ合いになり、津谷さんが拳銃のような物を奪いとる
 ↓
通報を受けた警察官が現場に到着
 ↓
二人の男が取っ組み合いをしていて、どちらが暴漢かわからない
 ↓
とりあえず、拳銃のような物を持っている津谷さんを押さえにかかる
 ↓
警察官の加勢により隙ができた暴漢は、刃物を取り出し警察官の目の前で津谷さんを刺殺

ひどい。

■尖閣沖の衝突事件、中国人船長を釈放 「日中関係考慮」
尖閣沖で日本の巡視船に衝突してきた船長を逮捕
 ↓
中国、日本へのレアアース輸出を停止
 ↓
レアアースを求める企業からの圧力なのか、経済面でのダメージを考慮したのか、船長を釈放
 ↓
日本が悪しき前例を作ってしまったせいで、世界のレアアース生産の97%を握る中国が味をしめて
今後も各国との外交の切り札にこれを使ってくるのではと、世界中が日本を非難
 ↓
こっちは現場で命がけで海を守っているのに説明も無しに船長を釈放だと?
中国の顔色ばかり伺いやがって、早く証拠ビデオ公開しろよ!
 ↓
衝突ビデオ流出\(^o^)/


そして、この二つの事件。
2008年7月1日 - 岩手17歳女性殺害事件
2010年11月2日 - 黒木昭雄さん:自殺か 元警察官でジャーナリスト
◎黒木昭雄
世間を騒がせた事件などを独自の視点で解析し、捜査するジャーナリストと呼ばれる。
警察による冤罪の捏造・事件の隠蔽など、警察内部の様々な問題を指摘、批判する著書を多数執筆。

以前、当ブログ(ニコ動のトップで見つけたやるせない事件)でも取り上げた原田さん冤罪事件も追っている。
ようは警察にとって非常に邪魔な人。

黒木昭雄の「たった一人の捜査本部」 - Yahoo!ブログ
警察がとてつもない嘘つき集団であることがわかった。警察の虚偽を追究せぬマスコミも同罪だと言わざるを得ない。偽りや捏造がはびこる今、この国はいったい... (黒木小原勝幸佐藤梢 岩手警察不祥事 事件隠ぺいもみ消し)


現在は、上述の「岩手17歳女性殺害事件」を追っていた。
この事件は、容疑者にまつわる恐喝事件や同姓同名の少女がいたり非常に複雑な事件。
被害者の恋人で同姓同名の佐藤梢さんは「私の身代わりで殺されたのでは?」と言う。
被害者と容疑者、両方の家族が真犯人が他にいると再捜査を申し出ているのに、
警察は捜査ミスや不祥事を隠すために犯人を小原勝幸さんと決めつけて指名手配。
容疑者とされている小原勝幸さんはもう死んでる(誰かに殺されてる)のではないかと予想している。


以下、黒木さんのブログより
2010/10/1(金) 午前 2:37 ブログタイトル「重大事件発覚」

昨夜、当ブログの重要部分が根こそぎ削除されていることが判明しました。
ツイッター http://blogs.yahoo.co.jp/kuroki_aki/folder/613711.html
でつぶやいた事のみお伝えします。

岩手県警、警察庁、中井、元国家公安委員長らに関する記事が
狙い撃ちされた如く削除されています。
誰が、どんな意図のもとこのような愚業に出たかはわかりませんが、
復元に努めますので皆さんも注視下さい。

取り急ぎよろしくお願い致します。

2010/10/2(土) 午前 8:41 ブログタイトル「警察側 全面的に争う姿勢」

2年間にわたり、「たった一人の捜査本部」で追及してきた岩手県警 の「捜査ねつ造疑惑」が法廷の場で争われることになりました。

今回の「ブログ削除事件」はそんな矢先のこと。
いまや、地に落ちた警察・検察ゆえに、「さもありなん」。
そう思うのは、私だけでしょうか?
いずれにしても、削除された約65ファイルは、文章と画像を含めて本件裁判の肝をとらえたところばかり。後の復元にご期待下さい。

以下にIBCの番組URLと配信記事を添付します。
http://news.ibc.co.jp/item_14643.html

おととし宮古市で、当時17歳の少女が殺害され見つかった事件で、指名手配されている容疑者の父親が、警察を相手取って、指名手配の中止などを求める訴えの第1回口頭弁論が開かれ、被告の警察側は全面的に争う姿勢を示しました。
この事件はおととし7月、当時17歳の佐藤梢さんが宮古市川井の沢で遺体で発見されたもので、県警は佐藤さんの知人で田野畑村出身の、小原勝幸容疑者30歳を全国に指名手配しました。警察庁は最高100万円の報奨金で情報提供を呼びかけ、11月からは報奨金の上限を300万円に引き上げることにしています。小原容疑者の父親は「捜査には疑問が多く、息子を殺人犯と断定した指名手配は不当」として、県警本部長や警察庁長官などを相手取って、指名手配の中止や600万円の損害賠償を求める訴えを起こし、きょう第1回口頭弁論が開かれました。きょうの口頭弁論について、被告の県警や警察庁はコメントしてませんが、弁護士によりますと全面的に争う姿勢を示したということです。

削除攻撃封じ込めのために、転載可とさせて頂きます。
【拡散】とあわせてご協力下さい。

この後、黒木さんは削除された記事の復元に努めていた。

2010年11月1日12時56分 最後のブログ記事投稿。
タイトルは「復元【3-39】実物6 警察書類が懸賞金の謎を暴く 2009.08.23」
2010年11月1日15時45分 最後のツイッターつぶやき。
【転載・拡散】本日、手配中の容疑者小原勝幸の懸賞金が300万円に増額されました。岩手県警の請託を受けた警察庁が隠したかったのはこの事実です。税金が警察の犯罪隠しに使われています。皆さん、追及の声を上げて下さい。お願い申し上げます。http://bit.ly/cpQ993
2010年11月2日11時5分 黒木さんの死体が見つかる。
警察は現場状況から自殺と判断。

「死人に口なし」を誰よりも痛感している黒木さんが、遺書も書かずに自殺するのだろうか?
このタイミングでの尖閣ビデオ流失は、黒木さんの報道を縮小させるための警察の仕業か!?という見方も。


黒木昭雄氏暗殺続き
永江朗の著作「メディア異人列伝」には黒木氏が登場し警察の実態暴露をしているのだがこんなにもあからさまな警察批判を続けて、圧力や報復はないのだろうか? ...

黒木昭雄氏の自殺はありえないミステリー
岩手少女殺害事件、指名手配中の小原勝幸容疑者の失踪、殺害された少女と同姓同名(佐藤梢)の同級生であり ...


ブログ村

THEME:気になるニュース | GENRE:ニュース | TAGS:

ニコ動のトップで見つけたやるせない事件

2009年12月11日早朝、原田信助さんという25歳の男性が事件に巻き込まれ自殺しました。

原田さんは普段から英会話の勉強のためにボイスレコーダーを持ち歩いていました。
そのボイスレコーダーに記録された音声により、事件の詳細が明らかになります。

原田さんはJAXA職員から美大職員へと再就職し、歓迎会を開いてもらいました。
その帰り道に事件は起こりました。

原田さんは、帰宅するために新宿駅の階段を上っていたところ、酔っ払った男性2人女性1人のグループのうち、1人の男性からいきなり後ろから突き落とされ、馬乗りになられ、顔や腹を殴られる暴行を受けました。
突然の出来事に驚きながらも反撃とまではいきませんが抵抗し揉みあいになりました。
騒ぎを聞きつけたJR職員が駆けつけ、状況が落ち着いたところで、原田さんは110番通報しました。
その後すぐに警察が来て、全員新宿署に連行されました。
新宿署では原田さんだけが別室に連れていかれ、取調べを受ける事になります。

警官「女性がおまえに痴漢されたと言っている」
暴行を受けた被害者として事情を聞かれると思ってついて来たのが一変、
自分が痴漢の容疑をかけられる。

原田「はぁ?女性って誰ですか?意味がわかりません」
たぶん、いきなり後ろから倒されてもみくちゃになったから、
暴行してきた男の事は覚えてても、他の事はあまり覚えてないと思われる。

警官「おまえ触ったのか?」

原田「ちょっと待ってくださいよ。何の事か意味がわかりません」
原田「私は暴行を受けた被害者です!」


相手側の主張は、原田さんがすれ違いざまに女性の腹を触ったので、追いかけて後ろから取り押さえた。(女性は触られたのは確かだけど、顔は見ていないということが後日判明。)
原田さんは全く覚えが無く、いきなり後ろから暴行を受けたと主張。
このように話が噛みあわないまま朝まで取調べを受け、後日再出頭の確約をさせられ釈放される。

取調べの最後のほうでは、原田さんは痴漢冤罪の事も言っていた。
ドキュメンタリー番組で痴漢冤罪の被害者が、職も失い裁判費用や時間をかけて苦労するのをたぶん見たのだろう。
その後、原田さんは都心を1時間近く彷徨い歩き、電車に身を投げる。
ボイスレコーダーの最後のほうは、泣き声や聞き取れないつぶやきだけだったという。

やるせない事件だ。

ふつう男連れの女を痴漢するか?
痴漢がお腹を狙うか?
痴漢が自ら110番通報するか?
新宿駅ですれちがった人の顔を覚えられるか?
警察はもっと状況をよく考えろよ。


以前、男女不平等主義という記事を書いた。
この事件とは直接関係ないけど、平等にこだわるなら男性専用車両も設けるべき。
こんな事を言ったら女性に怒られるかも知れないけど、
ケツをちょっと触られたダメージと、冤罪によるダメージの大きさを考えてほしい。

原田信助の受けた暴行被害について、十分な捜査を実施し,犯人を起訴することを求める署名


原田さんのお母さんのブログ - 目撃者を探しています!平成21年12月10日(木)午後11時頃新宿駅での出来事です。
私の息子(当時25才)は、平成21年12月10日(木)午後11時頃、新宿駅の15/16番線ホームに行くため階段を登りかけたところ、痴漢に間違われ見知らぬ大学生らから暴行を受けました。なぜ、息子が暴力をふるわれたのか、どのようにふるわれたのか、その事実が知りたくこのブログを用意いたしました。どのような些細な情報でもかまいません。目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。 ...


ブログ村

THEME:雑記 | GENRE:日記 | TAGS:
PICK UP
NEW ENTRY