PROFILE

俺

Author:俺
青森県青森市在住。「あなたB型でしょ?」とよく聞かれます。そうですが何か問題でも??

VAPEのブログ
GOING MY VAPE

管理画面

ARCHIVE
SEARCH
COMMENTS+TRACKBACK
Comments<>+-
Trackback <> + -
RSS FEED
TEMPLATES

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

oiraseに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
メールで連絡する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ちょこまかフットボールのススメ

kagawainui.jpg

守備に不安があったり、なかなか前線にボールが運べないから、攻撃の選手もポジションを低くしなければならず、そのせいでボールを奪っても攻めが遅くなる。
選手の上がりを待つために本田のキープ力が生きるけど、前線の枚数が揃った頃には、相手の守備もガッチリ固められる。
あとは、こねくり回してボールロストするか、苦し紛れのへっぽこシュートを打つしかない。

悪循環。

ザックがオプション戦術としている3バックについて、下がり過ぎて5バックになるのは良くないと解説者なんかがよく言うけど、それと同じでどんなフォーメーションでも必要以上に守備を意識すると攻撃が遅くなってしまう。

それならば最初から守備を増やしたほうが攻撃も生きるのでは?
出来ない事を無理矢理やろうとしてるから、うまくいかないのでは?

南アフリカW杯で健闘した4-1-4-1か、ピラミッド型の4-3-2-1のほうが日本代表に合ってると思う。
今の日本のレベルでパス回しを多くするとどうしてもボディコンタクトが多くなる。
バルサくらいのレベルになると逆になるんだろうけど、フィジカルで劣る日本代表の場合、体を当てるよりも小回りを利かせてかわしたり、ファーストタッチでいなしたりするほうが得意な選手が多い。
現状ではポゼッションサッカーより確実にカウンターサッカーの方が向いてる。

ドイツブンデスリーガの強豪レバークーゼンなんかは4-3-2-1だけど、前線の3人だけでめちゃくちゃ攻撃力がある。
このクラスになると弱者の戦い方というのは語弊があるけど、世界のトップクラスと戦うためには、ポゼッションを高めるバルサスタイルよりも堅守速攻のほうが通用する。
チェルシーのようなドリームチームがそれをやると、アンチフットボールと叩かれるけど、弱者の日本がやっても叩かれるわけがない。

堅実な守備から前線にボールを配給し、前線はコンパクトなパスワークで相手をいなし、なるべくボディコンタクトを減らしてゴール前に侵入する。
ペナルティエリアにさえ侵入してしまえば、ファールが怖いから体を激しく当てられる事も少なくなる。
このような日本人の特徴を最大限に生かしたちょこまかサッカーにシフトしたほうが機能するのではないかと思う。

安全なパス回しからの可能性の低い攻撃よりも、少ない枚数でギャンブル要素の高い際どい攻撃をする。どちらも確実性は低いけど、今の日本代表なら後者の方が可能性がある。
ようは香川や乾が得意なセクシーフットボールだよね。
日本人の機敏さを生かし、フィジカルとシュート力の弱さをカバーする。
ゴールにドリブルやパスでいい。
これなら前線にセレッソ勢を並べたり、佐藤寿人あたりが代表入りしても面白い。

本田のキープ力が注目されがちだけど、日本人に合ったスタイルは体を張るよりも、ネズミのようにちょこまか動き回って捕まえられない事だと思うんだよね。
そのほうが、オプションとして本田のキープ力や遠藤の展開力ももっと生きてくるはず。

あと、今の代表選手は目標を高く持つばかりにプライドまで無駄に高くなってしまってる気がする。
コンフェデ杯はもう仕方ないとして、東アジアカップでもっと若手や他の選手を試して、チーム内の競争力を上げてほしい。

本田は何年フリーキック決めてないのかな?
それを本田に言える強さが競争力になる。
本田を王様にしておけば、本田自身も成長しない。
ブログ村

THEME:サッカー日本代表 | GENRE:スポーツ | TAGS:

高飛車なクリスティアーノ・ロナウドよりは、こっちのロナウドのほうが好きだけども

ロナウドが引退表明=涙ながらに「素晴らしいプロ人生」―サッカー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110215-00000007-jij-spo


個人的にはパスサッカーが好きだから、あまり好きな選手では無かったけど、すごい選手だった。
何がすごいって、個人技が凄かった。
センターサークルから一人でドリブル突破して、最後はキーパーまでもかわしてゴールを決める事ができる選手。

ドリブルの何が難しいって、速く走りながらもボールをコントロールする事なんだよね。
全速力で走りながらボールをソフトに扱うという相反する事をしなければならない。
これに関してはロナウド以上の選手はいないと思う。
しかもフィジカルも超強いしね。
両側から挟まれるようにタックルされても、ユニフォームを掴まれても倒れずにぶっちぎる。

あまり強烈なシュートとか派手なシュートは無いけど、キーパーが取りにくいシュートを放つ。
キーパーが取りにくいと言われてるのは速いグラウンダーのシュート。
ドリブルの流れの中で小さいモーションから撃ってくるから、キーパーは反応が遅れる。
また、キーパーの死角も利用して人混みの中から打ってくる。
しかも両足で打てるから読みにくい。
シュート力が無い日本人はこのあたりのテクニックに磨きをかけるべき。

運動量が少なくて批判される事も多かったけど、点を取るのがフォワードの仕事だと考えれば、十分すぎる結果を残してる。
今は試合後に各選手の走行距離のデータが出るよね。日本代表だと長友とかが運動量豊富で有名。
大体どんな試合でも、チーム内の走行距離はキーパーが一番少ないわけだけど、
なんと!ロナウドはキーパーより少ない走行距離で2点をとった事があるらしい。

現代サッカーは全員に運動量が求められる「チームサッカー」が主流だから、今の時代には合わないかなぁ。
でも、こんな選手もいたほうが面白いよね。

ロナウドが戦術 - Wikipediaより
 FCバルセロナに所属していた当時、「攻撃の戦術が無い」と批判されたボビー・ロブソン監督が「私の戦術はロナウドだ」と言い返したのは有名な逸話である。当時のロナウドは相手から「前を向いてボールを持ったら反則しても止められない」と言われており圧倒的なフィジカルと卓越したテクニックで単独で敵陣を突破しゴールを決めていた。










さらば、フェノメノ。
あのロナウドも34歳。何度も選手生命の危機に瀕する重傷を負い、過酷なリハビリを乗り越えて復活を遂げてきたことを考えても、よくここまで頑張ってきたな、って言う気がしますね。 ...

ブラジルの有名サッカー選手・ロナウドが引退しました。
まだ34歳?っていうくらい印象に残っているというか、活躍した選手ですよね。大五郎カットも記憶に残っています。 ...


ブログ村

THEME:スポーツニュース | GENRE:ニュース | TAGS:
PICK UP
NEW ENTRY