PROFILE

俺

Author:俺
青森県青森市在住。「あなたB型でしょ?」とよく聞かれます。そうですが何か問題でも??

VAPEのブログ
GOING MY VAPE

管理画面

ARCHIVE
SEARCH
COMMENTS+TRACKBACK
Comments<>+-
Trackback <> + -
RSS FEED
TEMPLATES

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

oiraseに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
メールで連絡する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ニコ動のトップで見つけたやるせない事件

2009年12月11日早朝、原田信助さんという25歳の男性が事件に巻き込まれ自殺しました。

原田さんは普段から英会話の勉強のためにボイスレコーダーを持ち歩いていました。
そのボイスレコーダーに記録された音声により、事件の詳細が明らかになります。

原田さんはJAXA職員から美大職員へと再就職し、歓迎会を開いてもらいました。
その帰り道に事件は起こりました。

原田さんは、帰宅するために新宿駅の階段を上っていたところ、酔っ払った男性2人女性1人のグループのうち、1人の男性からいきなり後ろから突き落とされ、馬乗りになられ、顔や腹を殴られる暴行を受けました。
突然の出来事に驚きながらも反撃とまではいきませんが抵抗し揉みあいになりました。
騒ぎを聞きつけたJR職員が駆けつけ、状況が落ち着いたところで、原田さんは110番通報しました。
その後すぐに警察が来て、全員新宿署に連行されました。
新宿署では原田さんだけが別室に連れていかれ、取調べを受ける事になります。

警官「女性がおまえに痴漢されたと言っている」
暴行を受けた被害者として事情を聞かれると思ってついて来たのが一変、
自分が痴漢の容疑をかけられる。

原田「はぁ?女性って誰ですか?意味がわかりません」
たぶん、いきなり後ろから倒されてもみくちゃになったから、
暴行してきた男の事は覚えてても、他の事はあまり覚えてないと思われる。

警官「おまえ触ったのか?」

原田「ちょっと待ってくださいよ。何の事か意味がわかりません」
原田「私は暴行を受けた被害者です!」


相手側の主張は、原田さんがすれ違いざまに女性の腹を触ったので、追いかけて後ろから取り押さえた。(女性は触られたのは確かだけど、顔は見ていないということが後日判明。)
原田さんは全く覚えが無く、いきなり後ろから暴行を受けたと主張。
このように話が噛みあわないまま朝まで取調べを受け、後日再出頭の確約をさせられ釈放される。

取調べの最後のほうでは、原田さんは痴漢冤罪の事も言っていた。
ドキュメンタリー番組で痴漢冤罪の被害者が、職も失い裁判費用や時間をかけて苦労するのをたぶん見たのだろう。
その後、原田さんは都心を1時間近く彷徨い歩き、電車に身を投げる。
ボイスレコーダーの最後のほうは、泣き声や聞き取れないつぶやきだけだったという。

やるせない事件だ。

ふつう男連れの女を痴漢するか?
痴漢がお腹を狙うか?
痴漢が自ら110番通報するか?
新宿駅ですれちがった人の顔を覚えられるか?
警察はもっと状況をよく考えろよ。


以前、男女不平等主義という記事を書いた。
この事件とは直接関係ないけど、平等にこだわるなら男性専用車両も設けるべき。
こんな事を言ったら女性に怒られるかも知れないけど、
ケツをちょっと触られたダメージと、冤罪によるダメージの大きさを考えてほしい。

原田信助の受けた暴行被害について、十分な捜査を実施し,犯人を起訴することを求める署名


原田さんのお母さんのブログ - 目撃者を探しています!平成21年12月10日(木)午後11時頃新宿駅での出来事です。
私の息子(当時25才)は、平成21年12月10日(木)午後11時頃、新宿駅の15/16番線ホームに行くため階段を登りかけたところ、痴漢に間違われ見知らぬ大学生らから暴行を受けました。なぜ、息子が暴力をふるわれたのか、どのようにふるわれたのか、その事実が知りたくこのブログを用意いたしました。どのような些細な情報でもかまいません。目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。 ...


ブログ村

THEME:雑記 | GENRE:日記 | TAGS:
PICK UP
NEW ENTRY