PROFILE

俺

Author:俺
青森県青森市在住。「あなたB型でしょ?」とよく聞かれます。そうですが何か問題でも??

VAPEのブログ
GOING MY VAPE

管理画面

ARCHIVE
SEARCH
COMMENTS+TRACKBACK
Comments<>+-
Trackback <> + -
RSS FEED
TEMPLATES

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

oiraseに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
メールで連絡する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

どんだんず - 津軽弁を標準語に訳してみるシリーズその1


どんだんず

イライラや怒りをあらわす津軽弁の表現。
DON DAN という響きが心地いい人気の津軽弁である。

昔、ラジオで「どんだんず~」という番組もあった。
リスナーから日常の中でむかついた事をハガキで送ってもらって、
それを読んで最後に「どんだんず~」という流れ。
最近は書籍化やCD化されたりして、リバイバルヒットしているらしい。

どんだんず〜! [ 青森放送株式会社 ]

使い方としては…

「昨日、洗車したばかりなのに、今朝車に乗ろうとしたら、
ボンネットに鳥の糞が大量についてた。どんだんず~」

「どんだんずや」と語尾に「や」をつけて使う事も多い。

標準語にすると…

どんだんずや
 ↓
どんだのや (こういう言い方をする時もある)
 ↓
どうなのや
 ↓
どないやねん

ん?

どないやねん!?

標準語になってねーし。

んでも、関西弁の「どないやねん」とニュアンスは似てるか。
標準語だと何になるかなぁ。
しいて言うなら「なんなんだよ」かな。

「くそっ、一体なんなんだよ!」「どうしてこうなった」「どんだけ~」
こんな感情の時に使うのがベスト。

ブログ村

THEME:青森のあれこれ | GENRE:地域情報 | TAGS:

しょっぱい話

「さっき食べたうどんがしょっぱかった」

チャットで発言したら意外な言葉が返ってきた。

「うどんがすっぱいってやばくね?」

「???」

ここで衝撃の事実を知る。

しょっぱいは方言だった!

「しょっぱい」を「すっぱい」と勘違いしたらしい。
まさか「しょっぱい」が通じない地域があるなんて…。
味覚以外でも「しょっぱい試合」とか使う事もあるけど、それは通じるのか?

調べてみたら、東日本では「しょっぱい」、西日本では「辛い」または「塩辛い」と表現するらしい。
四国でも「しょっぱい」を使うという情報も見たから、当てはまらない地域もあると思う。

俺の定義だと、

しょっぱい
塩味・醤油味などが濃い。
水で薄められる物が多いかな。

辛い
カレー・めんたいこ・からし・わさび・タバスコなど
舌がヒーヒーなって冷やしたくなるような物。

すっぱい
酢・レモンなど酸味が強い物。
耳の下あたりがキュンとなって唾液が出てくる物。

塩辛い
しょっぱいと同じような表現だと文字からは理解できる。
だが、生まれてから一度も口にした事がない表現
「しょっぱい」か「辛い」の二択であり、「塩辛い」という選択肢は無い。

他の地域(主に西方面)の意見が聞きたいな。

出身地がわかる!気づかない方言
ブログ村

THEME:雑記 | GENRE:日記 | TAGS:

便利な津軽弁「~さる」

方言

方言(ほうげん)とは、あるひとつの言語における変種のことである。語彙・発音(訛り・アクセントなど)・文法・表記法のいずれかもしくはいくつかの面で差異が見られる。Wikipediaより


なるほど、地方特有の言葉や訛り、全部ひっくるめて方言と言うのか。初めて知った。

地方特有の言葉というのは、標準語の面影が無い全く別の言葉。
まぁ、ルーツを辿れば、どこかで変化してるんだろうけどね。
津軽弁だと例えば、なづぎ=おでこ、おどげ=あご、あぐど=かかと、など
初めて聞く人はチンプンカンプンなやつ。
喉が渇いた状態でバームクーヘンやミスドのオールドファッションを食べたような状態の
時に使う「むっつい」とか、標準語では表現しにくい、短くてとてもいい言葉もある。

訛り・イントネーション・アクセントは、言葉はそのままで強弱をつけるポイントが違う。
今だと栃木出身のお笑いコンビU字工事とか、あの辺は独特だよね。
あとは、前に「あっつままさすずこ」の記事に書いたけど、津軽弁だと「い゙」の発音とかもそうかな。
「たたく」が「ただぐ」とか濁音になる事も多いね。

この他に同じ言葉でも意味が違ったりするのもある。
津軽弁だと、「捨てる」を「投げる」と言ったりする。
例えば、本を散らかしていたら、「片付けねば、投げでまるど!」と怒られる。
意味は「片付けないと、捨ててしまうぞ!」
もちろん「捨てる」も普通に使うし、「投げる」も本来の意味でも使う。

あとは、語尾の違いや言い回しの違いみたいなのもあるよね。
「~やねん」とか「~だべ」とか。

そして登場!本日の主役「~さる」
これは、「行かさる」「書かさる」「押ささる」のように動詞のあとにつける。
意味を説明するのは難しいな。
強いて説明するなら、「自分のせいじゃないよ。不可抗力でそうなってしまった。」的なニュアンス。

「ちょんど、薬屋の近ぐまで行がさったはんで、目薬買ってきたよ」
薬屋に行く予定は無かったけど、ちょうど用事が出来て
薬屋の近くまで行かなければならなくなったから、目薬買ってきたよ。

「このペン書がさらない」
このペン、インクが出てこないから書けない。

間違ってボタンなどを押してしまった時に
「ごめん、押ささってまった」
ごめん、押すつもりはなかったけど、不意に押してしまった。

ん~、やっぱ標準語だと表現しにくいな…。


ブログ村

THEME:青森のあれこれ | GENRE:地域情報 | TAGS:
PICK UP
NEW ENTRY