PROFILE

俺

Author:俺
青森県青森市在住。「あなたB型でしょ?」とよく聞かれます。そうですが何か問題でも??

VAPEのブログ
GOING MY VAPE

管理画面

ARCHIVE
SEARCH
COMMENTS+TRACKBACK
Comments<>+-
Trackback <> + -
RSS FEED
TEMPLATES

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

oiraseに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
メールで連絡する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

津軽恋女(真実編)


♪ 降りつもる雪 雪 雪 また雪よ~

津軽には七つの 雪が降るとか~

こな雪 つぶ雪 わた雪 ざらめ雪~

みず雪 かた雪  除雪車が玄関前とか車の前に置いてくガチ氷雪~



字余りとか気にしたら、雪国では生きていけない。


うんざりだヨ!!!!!!
雪・・・うんざりだよヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)ノ 津軽に越して来てこんなに雪片付けてるのは初めてだよ(;・∀・) 去年までは、だいたい屋根雪片付けてばっかだった気がするんだけど、今年は全体的に片付けてる・・・一日2,3回は片付けてる ...

「津軽と南部。。。」日々雑感
昨夜か雪が降り続き、冷凍庫の中にすっぽりと納まったような寒さです。新沼謙治さんは「津軽恋女」で津軽には七つの雪が降る・と唄っておりますが、こういう時の雪はサラサラふんわりとした雪。 ...

雪、雪、雪、除雪三昧の日
きのうも雪がたくさん降り、半分残して教会の地区総会に出かけたものだから、今朝降った雪と、家の前をブルドーザーが削っていった思い雪の塊とが、玄関前にドッカーン!!と置かれて、これでは夫一人では大変なので、私も参戦。そう、まさに戦争、雪との格闘ですよ。 ...


ブログ村

THEME:青森のあれこれ | GENRE:地域情報 | TAGS:

津軽が生んだ偉大なロッカーと日本初のラッパー、夢のマッシュアップ

この前、マッシュアップ動画の記事を書いたので、お気に入りの動画を紹介。
原曲を知ってても知らなくても違和感無く聞ける超クオリティ作品。
IKZOのマッシュアップは流行ったから他にもたくさんあるんだけど、やっぱこれだな。
選曲も渋くていいね。







ブログ村

THEME:青森のあれこれ | GENRE:地域情報 | TAGS:

サメと聞いてデニーロ風に肩をすくめたものの

昨日の秘密のケンミンSHOW 「青森県民のヒミツのごちそう」
津軽地方に住む青森県民はサメの頭が大好物!

出たよ

サメとか食わねーし。

ん・・

すくめ?

すくめはたまに食うよ。

さっぱりするし。

スーパーとかで売ってるし。

あ・・・

すくめってサメだ・・・


青森県民はサメの頭が大好物
納得度:★★★★

大好物ってほど、そんなしょっちゅう食べるもんじゃないけど、すくめって郷土料理だったのか。
あれ、もしかして「なます」も?

検索ランキングすくめ
秘密のケンミンSHOW関連の過去記事


ケンミンショー。
ケンミンショーで冒頭から「青森県」が・・・ 「サメの頭」で悲鳴 他県では売ってないの? ...

サメを食べる
一昨日の続きですが… 楽しい楽しいスーパーのお散歩 ひときわ目を引くのが鮮魚コーナー。 ...


ブログ村

THEME:青森のあれこれ | GENRE:地域情報 | TAGS:

どうしてこうなった!青森県津軽と南部の話

今日は青森県の話。

青森県には津軽vs南部という構図がある。
掲示板などでも同じ青森県なのに罵りあったりしてる。

これでいいのか青森県 津軽VS南部で青森県は真っ二つ!?

なぜかと言うと、津軽と南部は元々が別の藩で、歴史的にも
謀反・暗殺事件・戦争などがあり、昔から対立してきたからである。
方言も津軽弁と南部弁に分かれ、訛りのきつい人同士だと話が通じない。
(特に津軽弁が早口で難解。)

Wikipediaにも専用ページがあるくらいの犬猿の仲
津軽と南部 - Wikipedia
津軽、南部は、津軽地方と南部地方の地域呼称であるが、この記事では主に青森県内で長年続く津軽と南部の対立について取り上げる。

俺は八戸にも親戚がいるし、別に南部が嫌いってわけでは無いけど、
このような文化や歴史的背景を見ると、南部は岩手に組み込まれたほうが幸せだと思うんだよね。

青森県の三大都市と言えば、青森市、八戸市、弘前市。
それぞれ特徴のある都市だから、一概に順位をつける事はできないけど、人口だとこんな感じ。

▼青森県の市郡別人口(平成21年3月末調べ)
青森市306,263津軽地域
津軽氏が治めた弘前藩、今の弘前市を中心とした地域で、他に県庁所在地である青森市(旧東津軽郡青森町)、黒石市・五所川原市・つがる市・平川市・○津軽郡とつく地域。
方言は津軽弁。
どちらかと言うと日本海・秋田側で豪雪地帯。
弘前市184,719
五所川原市61,714
つがる市38,121
黒石市37,864
平川市18,281
○津軽郡133,942
八戸市243,682南部地域
盛岡藩と同じ南部氏領の八戸南部藩、今の八戸市を中心とした地域。三沢市・十和田市・三戸郡あたりもそうなのかな。
方言は南部弁。
どちらかと言うと太平洋・岩手側で雪は少ない。
十和田市66,254
三沢市42,688
三戸郡78,583
むつ市64,535その他の地域
俳優の松山ケンイチ出身のむつ市やマグロで有名な大間がある下北郡、あと上北郡あたりは中立地域かな。
上北郡105,476
下北郡18,842

全国的に見ても日本海側と太平洋側は気候や文化が違うと思うけど、青森県は本州最北なので、西は日本海、東は太平洋、北は陸奥湾・津軽海峡と三方が海に囲まれ、北海道に近い文化も多い。

そして、りんご、ねぶた祭り、豪雪、太宰治、棟方志功、津軽三味線、津軽塗、津軽弁(吉幾三・人間椅子のような訛り)など、他県の人が青森と聞いてイメージするのは、圧倒的に津軽のほうが多い。
これだと青森南部の人は面白くないよね。

津軽と南部については、この坂本サトルさんの記事が非常にわかりやすい。
今は管理されてないサイトっぽいから、保守の意味も込めて全文引用。

三戸郡南部町出身のミュージシャン坂本サトルさんの記事
隔週刊サトル Vol.01「津軽と南部」
上記サイトは閉鎖されたっぽいけど、公式ブログに再掲載されてた。
加筆修正されてるからそっち見たほうがいいかも。
再録&加筆修正「津軽と南部」|坂本サトルオフィシャルブログ

青森県の事を良く知らない人にとってはピンとこない話しかも知れないが、青森県の中には「津軽」と「南部」という2つの文化が存在している。この2つの異なった文化の誕生と対立の歴史は思いのほか古く、そしてかなり複雑である。僕も少しばかり調べてみたのだが、とにかく資料が膨大な上に、津軽、南部、双方で異なった史実が述べられていたりして、短い時間でまとめることは困難であった。
ということで、その2つの文化の歴史が、現在の青森県民生活にいまだに与えている影響や実情を述べる事で、みなさんには何となくそんな青森の人々の心情を知ってもらえればと思う。
読みやすさを優先し、津軽と南部の簡単な歴史、僕が知っている事実、そして実際の体験談、青森での常識、等を箇条書きで以下に記す。歴史家をして「1つの都道府県に複数の文化が混在しているのは珍しいことではないが、青森県ほど極端な例はないだろう」と言わしめる青森。さて、あなたの目にはどう映るだろう。


【歴史】
1,「津軽と南部の文化」とは、言い換えれば「旧津軽藩と旧南部藩の文化」である。

2,おおまかに言って「津軽」は青森市、弘前市を含む西半分、「南部」は八戸市、南部町を含む東半分である。

3,私の故郷「南部町」は、その名の通り、南部藩発祥の地である。

4,よって、私は南部のなかの南部の男である。

5,長く対立姿勢を続けてきた南部藩と津軽藩は戊辰戦争においても、南部藩は幕府軍を津軽藩は新政府軍をそれぞれ支持し、敵対関係となる。
1868年、現在の青森県野辺地町で勃発した野辺地戦争では、津軽軍と南部軍が交戦し津軽軍の兵士27名、南部軍の兵士6名が戦死。
戊辰戦争においては、周知の通り新政府軍が勝利。よって津軽藩は官軍、南部藩は賊軍となった。

6,1871年、廃藩置県。紆余曲折を経て、津軽藩と「南部藩の一部」が青森県となる。

7,県庁所在地選定時にも旧津軽藩サイドは青森市を、旧南部藩サイドは八戸市をプッシュ。結局青森市に決定するのだが、それに納得しなかった南部の人間は、青森県庁に対抗して市役所を「八戸市庁」とする。この「市庁」という言い方をするのは全国で八戸市のみ、と教わっていたのだが、調べてみると奈良県奈良市も「奈良市庁」という言い方をしていた。他にもあるのかも知れないが、どちらにしろその数は少ない。


【事実】
1,僕は、デビューするまで青森市に行った事がほとんどなかった。

2,よって青森の「ねぶた」も弘前の「ねぷた」も一度も見た事がない。

3,うちの実家もそうなのだが、南部で岩手に近い場所に住む人々の中には、アンテナを盛岡(岩手県の県庁所在地)に向けて立て、岩手のテレビ番組も見れるようにしている人が意外に多い。ちなみに岩手の「方言丸出しCM」で使用される方言は「南部弁」である。

4,青森県の2大都市である青森市と八戸市の道路を使った場合のアクセスの悪さは、ある意味異常である。


【言語】
 津軽と南部の最大の違いはこの言語である。イントネーションどころか単語自体が違っている事も多く、それにより様々なドラマが生まれる。ここで紹介するのは、僕や家族の実体験である。

1,それぞれの土地にその土地の方言を使ったローカルCMが存在すると思われるが、もちろん青森にも「方言丸出しタレント」が存在し、そして「方言丸出しCM」が存在する。そしてこの場合、使用されるのはほぼ100%津軽弁である。自分達が普段使っている言葉とは全く違った方言が「青森県の方言CM」として流れていることが、南部弁を話す人々にとってどれほどしっくりこないかを想像して欲しい。

2,僕が大学生の時。体育でバスケットを選択したのだが、教官が各都道府県別に別れてチームを作ろう!と提案。そうして集まった我が青森県チームはメンバー5人中、南部出身者は僕だけであった。
まずは「チーム名を」ということでみんなが知恵を絞る。1人が「ドンズがいいんじゃねえか?」と言うと、残りのみんなが「あっはっは。そりゃあいい!」と盛り上がり、我がチームは「ドンズ」に決定。1人その意味も、なぜみんなが笑ったのかもわからず、あやふやにヘラヘラと笑うだけの私。「ドンズ」が「お尻」あるいは「ビリ」を意味すると知ったのは翌日の事であった。

3,僕の1番下の弟が小学1年生だった頃の実話。この話をする前にまずは予備知識を。
津軽弁の代表的な言い回しに「はんで」というのがある。これは日常よく使われる接続詞で「だから」というような意味をもつ。例えば「これ使うはんで、なげんなよ」は「これは使うから、捨てるなよ」(「なげる」は「捨てる」の意)だし、「したはんで、わ、いげねー」は「そういうわけだから、俺、行けない」となる。で、弟の話。
授業中、津軽出身のその先生はクラスのみんなに「ねんどやるはんで、準備して」と告げた。と、突然立ち上がり、机をくっつけだす子供達。そう、津軽弁をほとんど聞いた事のなかった子供達には先生の言葉がこう聞こえたのだ。「ねんどやる班で、準備して」
先生の指示に従って班ごとに机をくっつけようと動き出す子供達。勝手な行動を取る子供達に驚き「何やってんだ!」と叱る先生。子供達にしてみれば言われた通り動いているのになぜ先生が怒っているのかわからずあっけにとられる。先生も生徒も全員が頭の上にクエスチョンマークである。
1人が「だって先生が『班で』」って言ったでしょ?」と説明をして先生ようやく状況を飲み込む。
後日、生徒からその話を聞いた父兄が「授業ではなるべく津軽弁を使わないで欲しい」と学校に申し出て、職員会議の議題に…。

4,そんな環境で育っていった僕らが東京なんかに行って「青森出身です」と言うと、かなりの確率で言われるセリフ。
「津軽弁話して!」「津軽弁出ないですね」(「青森弁話して!」ともよく言われるが、この場合、その人がイメージしているのはほとんどの場合津軽弁である)
「いや、僕が住んでたとこって津軽弁じゃないんですよ」と言うと「またまた、恥ずかしがっちゃって」…。
もうね、心の中でそいつにゲンコツ食らわしてます。

とにかく、県内で、県外で、「青森県=津軽」という図式に出くわすたびに違和感や浮遊感や、やるせなさを感じてしまう南部の人々。さらに全国的に「南部鉄器」「南部せんべい」で知られる南部というのは岩手県のことだし。ああ、なんというモラトリアムな存在。「青森南部」よ。

他にももちろん、細かい事はたくさんあるのだが、津軽と南部の歴史と現状、なんとなくわかってもらえたのではないか。

何度も何度も「こんなもんは所詮過去の事」と切り捨てようとするのだが、その度に、その確執の根深さを目の当たりにする事があって、僕はその度にカウンターパンチを食らってしまうのである。
実はつい最近もビシッと、割とキツめのやつを一発お見舞いされてしまった。

津軽地域にあるショッピングストアでイベントライブをやった時の事。
客入りは上々、ライブ自体も非常に盛り上がって、僕は良い気分で控え室に戻って来た。と、そこであるスタッフがこんな話をしてくれた。
実は僕を呼ぼうとしたのはこれが2度目のことだったと。1度目に呼ぼうとした時に、当時の店長のこのひと言で僕のライブは却下されたのだという。
「南部出身のやつにはうちの店ではやらせない」
当然、この店長は津軽の人であった。店長が替わり、ようやく今回のライブが実現したというわけだ。

「いつまでも昔の事を」とはもちろん僕も思う。しかし、134年前の戦争はある人々にとっては「たった134年前のこと」なのかも知れない。
誰かが歌っていた。(俺だ)
「癒すのは時の流れだけとわかってはいるけれど、いつまで待てばいい。こんな気持ちで待てばいい」

歴史というのは教科書に書いてある「テストのために覚えなければならない項目」ではない。僕らはその歴史の上に今の生活を営んでいるのだ。
なんてことをあらためて思う今日の私。
高校生の頃にこれに気付いてたら歴史の成績はもっと良かったのになー。



青森ねぶた殺人事件
青森一の不良娘が銀座の夜にはぐくんだ魔法の話術


後日追記:
「市庁」というキーワードでGoogle検索すると、1ページ目には八戸市庁と韓国の市庁駅しか出てこない。あとは、横浜市や奈良市も市庁を名乗ってるとの情報があったので検索してみた。

「八戸市庁」 約 3,330,000 件
「八戸市役所」約 1,180,000 件

「横浜市庁」 約 581,000 件
「横浜市役所」約 37,600,000 件

「奈良市庁」 約 126,000 件
「奈良市役所」約 9,520,000 件

他は圧倒的に市庁より市役所が多いのに対し、八戸だけが逆転している事がわかる。
他にも市庁の看板を掲げるところがいくつかあるけど、八戸市以外で市庁という単語が見られるケースは、行政機関としての市役所は市役所で、市役所の建物を「市庁(舎)」と呼ぶケースが多い。
しかし、八戸だけは行政機関としての市役所も「市庁」として明確に扱っている事が多い。
他の市の「市庁」とは言葉の意味合いも重みも違うように感じられる。
青森県庁に対抗する意識が今でも残っているのかは疑問だけど、何らかの意図が無ければこのようにはならなかっただろうね。


2014/10/23追記:
秘密のケンミンshow でも取り上げられてた。
ちょっと前に月曜から夜ふかしでもやってたかも?


ブログ村

THEME:青森のあれこれ | GENRE:地域情報 | TAGS:

いもくじ - 青森津軽名物駄菓子 - いも当て

いも当て

これは津軽地方で有名な駄菓子「いも当て(通称いもくじ)」という物。
名前そのまんま、見た目が芋っぽく、くじが付いている。
実は「いも」は入っていない。(笑
でも、おいしい。皮が香ばしくてうまい。

いもくじ

なんだか閻魔大王が描かれた意味不明のくじで「親」を引くと大きいいも、
「子」を引くと小さいいもが食べられる。
皮がおいしいから、皮とあんのバランス的に「子」のほうが人気があったりする。
くじをめくるとこれまた意味不明な文字が羅列されてるけど、
これはズルして透かしても中の文字が判別しにくいように適当に文字を印刷しているらしい。
子供心に宗教的な匂いを感じてたけど、全然関係無かった。

大人になって箱買いしたけど、全部食べるのはきつい。
これは、みんなでわいわいしながら食べるもんだな。

イモくじ-ネット通販
他県在住の津軽出身者が懐かしいと注文してくる事が多い。
初めて食べた人にもなかなか好評。


青森県津軽地方に伝わる駄菓子”いも当て”ってなんだ!? - NAVER まとめ
衛生面などに過剰に反応する昨今、このような文化はこれからも大事にしていきたいですね! ...
思い出の味を堪能。 - 香菜子の今日はどんな一日かな~(HBCアナウンサー)
25年間いもくじ”は全国共通の人気駄菓子だと思っていました。 ...
青森名物「いも当て(いもくじ)」|ねこぜの東京⇔青森
ねこぜがず~~~っと憧れていた津軽の駄菓子をきのう手に入れましたよ!その名も、「イモ当て(イモくじ)」!イモと言っても、ジャガイモではなく、イモにみたてたあんのドーナツ。当たりくじ用のお菓子として青森のメジャーな駄菓子らしい。 ...
津軽駄菓子「いもくじ(いも当て)」
いもくじとは青森県(津軽地方)限定の伝統的な当て物(くじ付)駄菓子です。普段は駄菓子屋などのお店でくじ引きを楽しみながら買います。何かのイベントやお盆・正月などで人が集まる時には、箱買いしてみんなでわいわい楽しみながら食べます。 ...
親・子: 津軽人気質
「親・子」私の地元ではこんな言い方してましたが「いも当て」「いもくじ」って言うのが普通な ...
青森の駄菓子 「いもくじ」 - ふみりんの人生行き当たりばったり
気になるお味は「美味しい!これで駄菓子!」食いしん坊のジジとグルメな叔母が2個目に手を出したから「くじを引いてから!」と一喝。2人とも「子」でがっかりしてた(笑) ...
青森本町 BAR ROOM:芋ハッピー TS
駄菓子屋の記憶といえば芋くじ、あん玉、ベビースター…その中でも僕の運は芋くじで発揮され ...
懐かしの芋くじ♪ - みけみけ日記 ・・・イナ・・時々仕事
実は私、ドーナツ類が苦手です。ただ不思議なことに、これだけは大好きだったの。弟とくじを ...
お正月には芋くじ引こう♪ - たく・カウリスマキの食べ歩き日記
じっくり選んで…ベリッと剥がしたら…「親」だぁ!!v(^o^)v大きい方をゲット!!甘いけど ...
おこちゃま日記 青森駄菓子 いもクジ
親が当たると嬉しくて~~~。でもなかなかあたらないんですよ、あたるまできぃ~~~と ...
津軽当物駄菓子~いも当て~ : まるごと青森
今は大人が盛り上がります!先日、取材の同行で弘前へ。津軽の当物駄菓子を作っている佐藤製菓さんへ行ってきました。今日のメインは、「いも当て」です。 ...
青い森BLOG 青い森の駄菓子
生粋の青森の方々は「懐かしい~!」となるのでしょうが、それを知らない私達は単純に「おもしろ ...
弘前再発見 : イモ当て!!
くじで「イモ菓子」を当てるというこのお菓子。親なら大きなイモ菓子が、子なら小さなイモ菓子が ...
marianneの憂鬱: お正月の定番
小さい頃、駄菓子屋さんでこのくじをやったな~。それをなぜかお正月に卸のお店から買って ...
で?写真館 12日目|たいがー・りーのたりらーりーブログ!
なんですか「いもくじ」って。多分お菓子だろうという事と、写真上部にあるのはくじかなという事は分かるんですが、全体でどういうものなのかがさっぱり分かりません。 ...
青森生活 いもくじ
こちらのメジャーな駄菓子らしいです。津軽のって書いてあったので青森全体ではないっぽい。 ...
津軽限定駄菓子~ - 弘前パークホテル☆スタッフブログ☆
津軽では知らない人はいない!!ほどの有名なお菓子。「いも当て」です。 ...
いもくじやる~♪:☆ かふぇおれといっしょ ☆
我が家で毎年恒例のクジです お嬢も期待で((o(^∇^)o))わくわく(笑)箱を開けると ...
津軽駄菓子「いもくじ(いも当て)」:だがし屋さんで人気の駄菓子とおもちゃ
いもくじとは青森県(津軽地方)限定の伝統的な当て物(くじ付)駄菓子です。普段は駄菓子屋などのお店でくじ引きを楽しみながら買います。何かのイベントやお盆・正月などで人が集まる時 ...
ブログ村

THEME:商品紹介 | GENRE:アフィリエイト | TAGS:
PICK UP
NEW ENTRY