PROFILE

俺

Author:俺
青森県青森市在住。「あなたB型でしょ?」とよく聞かれます。そうですが何か問題でも??

VAPEのブログ
GOING MY VAPE

管理画面

ARCHIVE
SEARCH
COMMENTS+TRACKBACK
Comments<>+-
Trackback <> + -
RSS FEED
TEMPLATES

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

oiraseに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
メールで連絡する

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

広島原爆と福島原発事故 - 放射性物質の放出量の比較

TOKIOはいいね。
特にファンってわけじゃないけど、俺の中で好感度は高い。

TOKIO山口、DASH村復興へ…現地入りしヒマワリで土壌再生
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110826-00000001-dal-ent

DASH村再生計画は山口の提案で6月から活動を開始。
 「もうDASH村には戻れないかなって、正直なところ…思っていた」‐。声を震わせた山口の目から大粒の涙が流れ落ちた。10年以上通ったDASH村と、家族のような愛情で接してくれた浪江町の人々への思いが胸を熱くした。

 村は今も高い放射線値を示しているが、山口は震災直後から「村に行くのは自分がやりたい。復興させたい」とスタッフに直訴した。「危険?そんなことを言ってたらこういう仕事はできない。いつかDASH村に僕らが戻り、みんなが自分の家に戻る。そのためにいろんなことをやって発信していきたい」と復興への思いから率先して現地へと足を運んだ。

 3月11日のあの東日本大震災当日、城島茂(40)と共にDASH村で被災しただけに、復興への気持ちは強い。TOKIOの“復興リーダー”山口は、「次も僕が行きます。責任を持って発信し、DASH村を取り戻す」と力強く誓っていた。

---- この記事に対する一部コメント ----

◎被災地を忘れる(風化)させていくようなどうでもいいお笑い番組やバラエティーや朝鮮人TV局よりも被災地の方々と寄り添って、復興まで応援・支援出来るような番組が日本人の私は見たいし、応援したいです。
もっとこんな番組つくって欲しい!有料の被災地ボランティア詐欺するうじTVには反省して欲しい。

◎城島と山口はDASH村が忙しいからドラマなど他の仕事のオファーを受けない。
他の仕事のオファーがないからDASH村に出てる訳では決してない。とにかく安心して見れる番組のひとつ。

◎無理やり感動させようとするどっかの番組とは大違いだ。DASH村なら24時間観続けられる。

◎ヒマワリの種を村にまき、土壌を再生させる。DASH村らしくていいね。山口頑張れよ!

◎TOKIOは男っぽくていいな!頑張ってほしい。政治家見習え!

◎DASH村は、大人が見ても楽しいる企画がたくさんあった。
地域の人や、年配の人を見習う姿勢も、感心できた。復旧を祈りたい。

◎誰もが躊躇する計画的避難区域での作業…頭が下がります。山口さんの思いは全国にきっと伝わるはず。
私も応援したいです。必ず復興できるよう祈っています。

◎嬉しくて涙がでました。正直DAHS村は番組からも諦められていると思っていました…福島県民です。
浪江町民ではないけれど放射線の影響で私達の生活は変わり無かった頃を取り戻したいともがいています。
山口君ありがとうございます。私も諦めません。

原爆を落とされた広島だって、今はいたって平和な土地じゃないですか。
それに粘り強いのは日本人の長所です。必ず復興させましょう。


んで、この記事とコメントを見て、今回の原発事故と広島の原爆の規模の比較が気になって、調べてみたら丁度いいタイミングで最新の記事があがってた。


東京新聞|TOKYO Web (2011年8月25日 07時08分)
福島第一放出セシウム137 広島原爆168個分

 政府が、東京電力福島第一原発の1~3号機事故と、一九四五年の広島への原爆投下で、それぞれ大気中に飛散した放射性物質の核種ごとの試算値をまとめ、衆院科学技術・イノベーション推進特別委員会に提出していたことが分かった。半減期が約三十年と長く、食品や土壌への深刻な汚染を引き起こすセシウム137の放出量を単純比較すると、福島第一原発からの放出量は広島原爆168.5個分に相当する。

 セシウム137の放出量は、福島第一原発1~3号機が15000テラベクレル(テラは一兆)、広島原爆が89テラベクレル。このほかの主な核種では、福島事故で大量に飛散したヨウ素131(半減期約八日)は、福島が160000テラベクレル、広島が63000テラベクレルで、福島は広島原爆約2.5個分。半減期が約二十八年と長く、内部被ばくの原因となるストロンチウム90が、福島が140テラベクレル、広島が58テラベクレルで、広島原爆約2.4個分となる。

 ただ、政府は特別委に対し、福島事故と広島原爆との比較自体には「原子爆弾は爆風、熱線、中性子線を放出し、大量の殺傷、破壊に至らしめるもの。放射性物質の放出量で単純に比較することは合理的ではない」と否定的な考えを示している。


たしかに単純に比較はできないだろうし、放射性物質とか放射線量とか被曝量とか
言われても全くピンとこないんだけど、この数値って本当に大丈夫なのか・・・?

震災後の報道だと、チェルノブイリや広島の原爆に比べたら大した事ないみたいな
楽観的な記事も結構見た気がするんだけど、このレベルで今の対応で大丈夫なのか・・・?

暴走する原発 チェルノブイリから福島へこれから起こる本当のこと

ブログ村

THEME:地震・災害対策 | GENRE:ライフ | TAGS:
PICK UP
NEW ENTRY